2015年01月11日

和楽器バンド / ボカロ三昧(2014)

日Folk-Rockバンドによる1stアルバム。

2014年もっと評価されるべきオブザイヤーである…!確かに企画色が全開なバンド名、ボカロカバー、エイベックスと色眼鏡で見られる要素が多いが音を聴けば如何にスキルフルで本格派、かつオリジナリティに溢れているかがお解り頂けるだろう。これはフィメこれ的にはどう分類しようかと思案していたところ、つべ動画に外国人が書いていた"Japanese Folk-Metal"というのに膝を打った。

ギター・ベース・ドラムのベーシックなバンドセットに箏、尺八、和太鼓、三味線といった上物を乗せたスタイルで、ボーカルもまた詩吟という「和楽器」であるのが特徴。最初は元ちとせリスペクトか?と思ったが考えてみればあれも奄美民謡風なので似たルーツなのか。バンドの音が前に出過ぎというレビューをよく目にするが、バンドありきで初めてポップ音楽として成立するのではと個人的には思う(和楽器メインなら杵家七三社中をお薦めしたい)。寧ろ本作は多様な音色を理想的なバランスで収めているなあと感嘆します。あとはギターの歪みに重量感が加われば本当にフォークメタルになるのに。

楽曲はボカロものなので既聴感のある、上海アリスの流れを汲む和音階(っぽい旋律)の雰囲気が多く評価は難しいところですが、本作以降にリリースされたオリジナル曲「華火」ではV系のエッセンスが散りばめられた彼らの真のオリジナリティが垣間見え、次作で和楽器バンドは演者としてのみならずアーティストとしてのヴェールを脱ぐのではと期待が膨らむ。

【Favorite Number】天樂 / 吉原ラメント / 虹色蝶々



ボカロ三昧ボカロ三昧
和楽器バンド

曲名リスト
1. 天樂
2. セツナトリップ
3. 吉原ラメント
4. カゲロウデイズ
5. 虹色蝶々
6. いろは唄
7. 六兆年と一夜物語
8. 月・影・舞・華
9. Episode.0
10. 深海少女
11. 脳漿炸裂ガール
12. 千本桜

Amazonで詳しく見る


和楽器バンド - 千本桜


和楽器バンド - 天樂


Theme of 華風月
華風月
B00GM3GC5G
和楽花道中 杵家七三社中 傑作撰~ボカロ曲を演奏して戴いた~
杵家七三社中
B0095XQMAU
Yav
Arkona
B00IJNUZVY
posted by kerkerian at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック