2014年04月18日

But a Thought / ...But a Thought(2014)

USのProgressive-Metalバンドによる1stアルバム。

メタルを基盤としながらもラテン、ジャズ、アンビエンス要素を含む音楽性…そう公言する彼ら。シュルレアリスムなジャケットからもそのAvant-Garde具合は想像でき、またメンバーはギターがイスラエル、ベースがドイツ、ドラムがUS、そしてVoが日本と正に音楽と人種の坩堝…それがBut A Thoughtである…!

6分〜11分台の長尺曲が5曲と、プログレ魂を感じさせる構成の本作。当然どれもダイナミックな展開目白押しなのだが、それほど目まぐるしくないのと上述したアンビエンスがいい具合にパート移行へのブリッジになっているため奇を衒った変態系の印象はない。寧ろアートロックとかマスロックの部類かも…101 a.m.系統といえば伝わるだろうか。伝わらないか。

そして日本人ボーカリストのAyaka嬢。ハーシュ系(グロウルとスクリーミング)、クリーン系(ナチュラルVoとエンジェリックVo)と少なくとも4種類の声を操る、メタルディーバとしてのタレント性は申し分ない。存在感も世界基準だ…誰だ?FacebookのURL文字列だけ見て豚Thoughtって思ったのは

このAyaka嬢はじめNedryのAyu嬢(岡北有由)、Blonde RedheadのKaz嬢ら「海外組」の活躍は日本の、音楽性だけでなく女性ボーカリストのコモディティ化に一石を投じている気がするのだが…国内組の奮起を期待したい。

【Favorite Number】Damocles / Dualipsism



But a Thought...But a Thought
But a Thought

曲名リスト
1. Damocles
2. Dragon Farm
3. Dualipsism
4. Ex
5. Outronaugh

Amazonで詳しく見る


But A Thought - Dualipsism


Imago
101 a.m.
B00CQD2GC4
Brave Dreams
Elegy Of Madness
B00ICUT75E
Reghina
Closterkeller
B007DKN05M
posted by kerkerian at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395001349

この記事へのトラックバック