2013年12月30日

Sorry Boys / Vulcano(2013)

ポーランドのIndie-Rockバンドによる2ndアルバム。

ブログ名と裏腹に、あまりオルタナロック勢を紹介できなかった2013年。しかし土壇場で凄いのに出会えた喜びに打ち震え中…ポーランドと言えば隠れ音楽大国、Gothic音楽中心なイメージがありますが、この名前こそB級感のバンドは文学的な匂いがありながらポップさも併せ持つ特A級のアートロックだ。隣国ウクライナのThe Moon Belongs To EveryoneのPost-Rock感を持ちつつもよりミニマルで、現代的なエレクトロを効果的に配しつつもバグパイプやアコースティックギター、ピアノによるブルージーな雰囲気も醸し出す。光と影、静と動のコントラストによって紡がれるホーンテッドなメロディが胸を打つ。

情感溢れるBela嬢の歌唱がまた出色で、その内に秘めた声の揺らめきはタイトル通り感情のボルケーノの発露か。そしてライブの佇まいなどからも只ならぬカリスマすら感じる…東欧シーンには収まらないタレント性を持つ彼らを、今後注意深く追う必要があるだろう。

【Favorite Number】Phoenix / Leaving Warsaw / The Sun / Miss Homeless



UndercoverVulcano
Sorry Boys

曲名リスト
1.Evolution (St Teresa)
2.Phoenix
3.Leaving Warsaw
4.The Sun
5.Back To Piano
6.Dagny
7.This New World
8.Vulcano
9.Miss Homeless
10.Zimna Wojna

iTMSで詳しく見る


Sorry Boys - Phoenix


Sorry Boys - The Sun


O'Malley's Bar
George Dorn Screams
B008NSZ6CS
Spadochron
Mela Koteluk
B008Y8ZQFE
Puk Puk
Kasia Nosowska
B0000087CC
posted by kerkerian at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383939390

この記事へのトラックバック