2013年10月23日

I:Scintilla / Live On Jbtv(2013)

米Darkwaveバンドによる初のライブアルバム。

数年来、個人的にフェイバリッ度が高いアーティストの中でもプレイリストのファーストチョイスになりつつある彼ら…そんな贔屓目も手伝ってこのスタジオライブ盤、Electro系アーティストが生で楽曲を再構築する際の指標になるといって過言でない、素晴らしい出来である…!

直近のアルバム"Dying & Falling"の楽曲が大半を占めるためアレンジに大幅な変更はなく、4つ打ち部分が生ドラムとなり、エッジィなギターがより前面に出たサウンドに。それでいて同期のエレクトロ部分が全く埋もれていない。より顕著な違いを感じられるのは6年前の2ndアルバムからチョイスされた"Cursive Eve"だろう。Synth-Popの延長上にあった原曲が剛性を纏ったIndustrialになっている。複雑化したリズムパターン、圧を増したBrittany嬢のボーカリゼーションは、そのまま当時からの進化がライブに反映されているといえるだろう。

もうひとつの注目は唯一の新曲"War To Win"。ピアノをフィーチュアした抒情的なGothic曲で、Darkwave要素はほぼ無い。逆にこれが今後のオリジナルバムでどのようなエレクトロの味付けを施され無二のi:Scintillaサウンドになるのか楽しみだ。とにかく何が言いたいかというとI:Scintilla、愛してぃら!ってこと。


【Favorite Number】Cursive Eve / Ammunition



Live On JbtvLive On Jbtv
I:Scintilla

曲名リスト
1.Face the Kill (Live)
2.Mothership (Live)
3.Worth the Wait (Live)
4.Swimmers Can Drown (Live)
5.Cursive Eve (Live)
6.The War to Win (Live)
7.Skin Tight (Live)
8.Ammunition (Live)

Amazonで詳しく見る


I:Scintilla - Swimmers Can Drown
I:Scintilla - War To Win


Monument
Blutengel
B00B23Z2L6
Corruption
Azoic
B00B1RB92E
Eden
Pzychobitch
B00005TZMR
posted by kerkerian at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378308279

この記事へのトラックバック