2013年09月24日

Scout Niblett / It's Up To Emma(2013)

UKのSSWによる6thアルバム。

Voのほか自身のギター、ドラムプレイによる最小限の音でブルージーなRockを鳴らす彼女の世界。アルバムオブザイヤー2005の3rdアルバム"Kidnapped by Neptune"をはじめ、前作までプロデュースとエンジニアリングをIndie-Rock界の巨匠Steve Albini氏が手掛けていましたが、今作では初のセルフプロデュースに。

前述の通りIndie-RockらしいIndie-Rockは不変ながら、より装飾は省かれネイキッドなスタイルに。ほぼ全曲がクランチギターの無愛想なストロークに始まり可憐かつ微熱を帯びたScout嬢のVoが乗りやがてドラムがゆったりと寄り添い、最後の30秒でグランジ的な爆発という同じ展開を有する。アルビニが手掛けた過去作は、当時は「相変わらず仕事が見えないなー(アーティスト自身の魅力を最大に引き出す完璧な仕事という意味で)」と思っていましたが、ここまでクローズドな作風になるとその存在は大きかったと言わざるを得ない。

しかし本作は曲調が単調になったとはいえ、演奏はScout嬢以外のメンバーを起用したことでプレイ面が洗練され寧ろ完成度は高い。以前のような、ときにThe Jesus Lizardsを髣髴する…これもまたアルビニ印だが…荒々しさも魅力だが今回のように柔らかさを前面に出したFolkテイストもまた彼女らしいと言えるのではないか。いずれにしても90'sオルタナティヴ・ロックの空気を連れてくる最後のグランジ・ヒロイン、それがScout Nibrettだと思うのです。

【Favorite Number】Can't Fool Me Now / My Man / What Can I Do?



It's Up to EmmaIt's Up to Emma
Scout Niblett

曲名リスト
1.Gun
2.Can't Fool Me Now
3.My Man
4.Second Chance Dreams
5.Woman And Man
6.All Night Long
7.No Scrubs
8.Could This Possibly Be
9.What Can I Do

Amazonで詳しく見る


Scout Niblett - Can't Fool me Now
Scout Niblett - What Can I Do?


In Film Sound
Shannon Wright
B00BWXOV36
Outlaster
Nina Nastasia
B00009NH6K
Blood Rushing
Josephine Foster
B008RXE5E4
posted by kerkerian at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375631248

この記事へのトラックバック