2013年09月02日

Tarja / Colours In The Dark(2013)

Tarja祭り後編は"What Lies Beneath"以来3年振りの4thアルバム。

新作リリースの度に不安に思う…Anneke van GiersbergenやLiv Kristineらを挙げるまでもなく、かつてのGothic-Metalバンドの歌姫達は大概「脱メタル」している。況してオペラスタイルのTarja嬢のこと、表現形態をメタルに拘る必要などないのだ。しかし今回も全くの杞憂だった。バンドから離脱したのが音楽的相違ではないだけにこの作風が続くのは嬉しい限り。

巻き舌オペラボイスが炸裂する冒頭の"Victim Of Ritual"はリード曲らしく彼女の新たなアンセムとなりそう。"ACT T"で一足早く公開された"Never Enough"はドラマティックで妖艶ながらキャッチーでもある…終盤の絶唱はTarja版"The Phantom Of The Opera"といったところか。今回カバーにチョイスされたPeter Gabrielの"Darkness"はオリジナル曲の如きGothic-Metalに仕上がっている。キャリア屈指のへヴィネスを誇る"Neverlight"は、1stの"Die Alive"と並びライブにおけるハイライトとなるに違いない…そして男性Voをフィーチュアした"Medusa"では深い感動を呼び起こす壮大なバラードだ。

先のライブアルバムでも抱いた印象だが、やはりTarja嬢の横には楽曲の主導権を握るKeyや歌いたがりのベーシスト等が居てはならないなと。総てを統べる孤高の歌姫であってこそ自由で美しく、深淵なメロディック・オペラメタルが表現できるというものだ…!

【Favorite Number】Victim Of Ritual / Never Enough / Neverlight / Medusa




Colours in the DarkColours in the Dark
Tarja

曲名リスト
1. Victim of Ritual
2. 500 Letters
3. Lucid Dreamer
4. Never Enough
5. Mystique Voyage
6. Darkness (Peter Gabriel cover)
7. Deliverance
8. Neverlight
9. Until Silence
10. Medusa

Amazonで詳しく見る


Tarja - Never Enough
Tarja - Victim Of Ritual


Dissolution of Eternity
Dargaard
B00005LAQY
Echoes of Betrayal
Winter in Eden
B007I0ORWC
Betrayal Justice Revenge
Kivimetsan Druidi
B003BKF6KK
posted by kerkerian at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373674924

この記事へのトラックバック