2013年07月24日

Bjork / Post(1995)

この流れで旧盤シリーズ。ご紹介するのは私がFemale-Vocalものに傾倒する切っ掛けを与えた三大神盤のひとつ、アイスランドのSSWによる2ndソロアルバム。因みにあと2つはGarbageの"Version2.0"とSkunk Anansieの"Paranoid & Sunburned"。

Grungeやメロコアリスナーだった私にとって、Bjorkはなんか「洋楽通」ぶれる音楽という印象だった。が初めて聴いたのは難易度高めな4th"Vespertine"…途中で寝た…当時の自分にとってのElectroはGarbageやProdigyのようにロックとクロスオーバーしたTechnoだったから尚更かも知れない…Bjork入門としてはこの"Post"が正解です。

90'sのAlternative-Rockシーンを投影したような"Army Of Me"で既に圧倒させられ、続く神曲"Hyperballad"では美しいElectroビートに乗る美メロ。溜息と昂揚感に同時に襲われることってあるんだなと。他にも以降の作品で彼女の代名詞となるオリエンタル要素を含んだ"The Modern Things"や土着的な"Isobel"、旧いシネマのワンシーンのような"Possibly Maybe"と名曲は枚挙に暇なし。

何より衝撃を受けたのが、定められたメロディをなぞるのではなく自分の魂のままにフロウするその歌唱法。歌メロの概念、RockとかElectroのカテゴライズを無力化したBjorkはイノベータ―と呼ぶに相応しい。色褪せることない金字塔です。

【Favorite Number】Army Of Me / Hyperballad / The Modern Things / Isobel / Possibly Maybe

PostPost
Bjork

曲名リスト
1. Army Of Me
2. Hyper-ballad
3. The Modern Things
4. It's Oh So Quiet
5. Enjoy
6. You've Been Flirting Again
7. Isobel
8. Possibly Maybe
9. I Miss You
10. Cover Me
11. Headphones

Amazonで詳しく見る


Bjork feat. Skunk Anansie - Army of Me
Bjork - Hyperballad


Bounty
Iamamiwhoami
B00CDZM66G
Holidays in Europe
Kukl
B000067FS6
Tales of a Grasswidow
Cocorosie
B00BQI40NS
posted by kerkerian at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック