2013年07月23日

SYOKO / TURBULENCE(1992)

日Gothic歌姫によるソロ2ndアルバム。

G-Schmittやソロ1st(EP)"SOIL 未来の記憶"の感想を書いた当時から探しに探し求めていた音源を遂に入手したため早速のご紹介。とうの昔に廃盤となっている本作を、まさか街の図書館で発見するとは笑。

硬質でエッジィなリズム隊を拉げたギターが彩り、SYOKO嬢の醒め切った幻想的な歌が乗る…完全にG-Schmittの後継といって良い作風に諸手を挙げる。違いといえば多士済々のソングライティング陣によるバラエティに富んだ楽曲群か。90's初頭らしいGoth-IndustrialやNew-Waveの雰囲気が全体を覆っており、作を重ねれば女性版SOFT-BALLETになったのかなと夢想する。

それにしてもSYOKO嬢の正気と狂気を行き来するブッ飛んだ詞が素晴らしい。

セシウムダストに流れて綺麗 どこか似てるHeavenly - ヘヴン
私はポップコーンの中に、明日のコンタクトレンズを探している - 1/f

J-POPブーム前夜のアングラシーンを駆け抜けて消えたSYOKO嬢だが、この最後のアルバムの最終曲を聴いていると、時間空間を超えてその歌声が偏在するかのような感覚に陥ります。

私は、ここにいる。(※2回言う)
Howling Wind、嵐の過ぎた静かな朝、私の眠るその日まで - ハウリング・ウィンド

【Favorite Number】ブルー / ヘヴン / ハウリング・ウインド

TURBULENCETURBULENCE
SYOKO

曲名リスト
1. ブリッジ・ルネイア(月に憑かれた花嫁)
2. ブルー
3. ダンス・オン・ザ・ブリンク
4. ヘヴン
5. 1/f
6. アシャンティ
7. MILLEDI
8. ハウリング・ウインド

Amazonで詳しく見る


SYOKO - ヘヴン
G-SCHMITT - Someday Somewhere


常夏姫
きどりっこ
B00005IEZK
メルクリウス
いんど猫
B000UVAQ44
チャクラ+5
チャクラ
B005HDR9CW
posted by kerkerian at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック