2013年07月20日

Eyevory / Euphobia(2013)

独Progressive / Folk Rockバンドによる1stアルバム。

冒頭の"Sacrifice"を聴いた限りでは、フルートが全編にフィーチャリングされておりトラッドなFolk-Metalなのかなという印象。しかし聴き進めるうちにそれは一側面に過ぎず、全体としてはモダンなSymphonic-Metal、Gothic-Rockなテイストで纏まっている。

この絶妙なバランスを支えるのがメンバー構成の妙。VoのKaja嬢がフルートとkeyを兼任し、もう一人のVoであるJana嬢がBassを兼任。あとはGtとDrの男2人で、4人という最少ユニットで実に多彩かつ重厚感のあるサウンドを実現。さらにフルートはボーカルラインの無い箇所、間奏部のみで効果的に吹かれているため、トラッド感が前面に出過ぎない印象に繋がっているのだ…!そしてもっと言えば、女性Voが2人居るためこうしたジャンルでシャシャりがちな男Voの出る幕がないのも、当ブログ的には◎。

ギターとフルートのユニゾン、そしてFemale-Vocal2人によるコーラスワークがEyevoryの魅力。それを最大化するProgressiveながらも、80'sハードロックにも通ずるような…Heartとかを髣髴する…キャッチーな懐かしさを湛える楽曲の魅力も聴き逃せない。万人にお薦めできる快作です。

【Favorite Number】Monster / 1001 Nights / Good Times Are Now



EuphobiaEuphobia
Eyevory

曲名リスト
1.Sacrifice
2.I Trust In You
3.Monster
4.On My Way To Bliss
5.Black Bird
6.In My Dream
7.Torn
8.1001 Nights
9.Good Times Are Now
10.Requiem Aeternam
11.Euphoria

Amazonで詳しく見る


Eyevory - Album Trailer
Eyevory - live at Steinhof, Duisburg


Dancer and the Moon
Blackmore's Night
B00CA4S27W
Ignis Fatuus
White Willow
B00CLP7ZVE
World So Cold
Illuminata
B005YICWA4
posted by kerkerian at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369743182

この記事へのトラックバック