2013年04月02日

妖精帝國 / PAX VESANIA(2013)

妖精界Gothic-Metalユニットによる9thアルバム。

実質ベストアルバムだった"Gothic Lolita〜"三部作を経て約2年振りとなる本作は、実に2007年の"metanoia"以来、超待望のオリジナル作だ…!新たにツインギター体制となったことでよりメタルバンドサウンドに特化されたのが最大の特徴で、既存曲の中にはコンセプトに合わず外された曲もあることから、これまでのレーベル主導ではなく純粋なアーティスト主導による意欲作と言えよう。

さらにこれまで全楽曲を手掛けてきた橘少尉以外のメンバーもコンポーザーとして名を連ねるようになり、"Solitude"や"missing"に代表されるポップネス、もっと言うとクサメロ要素という新風が従来の「妖精帝國節」に吹きこまれ、メタルファンとしては諸手を挙げて歓迎したくなるような展開だ。

さらに嬉しいのが筋肉少女帯の隠れ名曲"機械"のカバー。筋少と妖精帝國…本格派メタルを標榜しながら独特過ぎるVoと世界観によりどうしても異端扱いされる両者。メタル+サブカルの始祖こそが筋少であることを考えると妖精帝國がその影響を受けている事にはなんら不思議はないのである…奇しくも前作"Gothic Lolita Agitator"の感想で語り部分が『労働者M』を髣髴とすると冗談ぽく書いたが、まさかこんな形で繋がるとは…!

紛れもなく過去最高傑作と断言しよう。そして本作により我々臣民はまた忠誠心を新たにするのである。Das Feenreich!

【Favorite Number】Astral Dogma / Solitude / Herrscher / 空想メソロギヰ



PAX VESANIAPAX VESANIA
妖精帝國

曲名リスト
1. 序
2. Astral Dogma
3. Solitude
4. 狂気沈殿
5. ココロサンクチュアリ
6. 月鏡反魂シネラリウム
7. Siege oder sterben
8. missing
9. The Creator
10. Herrscher
11. 空想メソロギヰ
12. 葬詩
13. 機械

Amazonで詳しく見る


妖精帝國 - 空想メソロギヰ
妖精帝國 - Astral Dogma


PRISM
飛蘭
B00ANSOSM0
N
ナノ
B00AQG2M3G
使徒礼賛
妖精帝國
B00AKEE46C
posted by kerkerian at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353608512

この記事へのトラックバック