2013年03月31日

Feathers / If All Here Now(2013)

USのElectro-Popバンドによる1stアルバム。

All-Female Bandにして清冽なElectro-Pop、ShoegazeやPositive-Punk、ダークなSynth-Popまで素晴らしくクオリティの高い作品を放ってきた彼女達。アイドルユニット的アー写からは想像できない本格派で、これは只物ではないな…とバイオグラフィを調べたところ中心人物はSSWにしてCruel Black DoveのシンガーAnastasia嬢。Feathersは寧ろAnastasia嬢による新プロジェクトだったのだ…!腑に落ちた。

そのCBDからはDarkwave色を薄めたような音楽性で、フェミニンさを強調しながらもDepeche Mode的ノスタルジアや内省的な部分が影を落とす。80'sのGothやNew-Wave感を残しつつも多様な素材を用いたモダンかつ緻密なサウンドメイクが秀逸で、これはZola Jesusを手掛けたプロデューサーによる手腕も大きいのだろう。

唯一苦言を呈するなら、検索泣かせのBig word過ぎるバンド名。しかし本作の比類なき完成度とルックス含めたメジャー感に、"Feather"という単語が彼女達の代名詞となる予感が漂う。Clientがそうであったように。

【Favorite Number】Land Of The Innocent / Soft / Fire In The Night / Believe



NeverIf All Here Now
Feathers

曲名リスト
1. Land Of The Innocent
2. Soft
3. Dark Matter
4. Night Seances
5. Familiar So Strange
6. Fire In The Night
7. Believe
8. Dream Song
9. Leaves Start Trembling
10. Welcome Possession

Soundcloudで詳しく見る


Feathers - Land of the Innocent
Feathers - Soft


Full Powers
Cruel Black Dove
B001AU6GCU
Stridulum II
Zola Jesus
B003P6BB5Y
Client
Client
B00009XH5F
posted by kerkerian at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353380094

この記事へのトラックバック