2012年11月28日

Asriel / XANADU(2012)

M3-2012秋特集その1はAsrielインディーズ14thアルバム。

Doujin界のみならず、日本インディー音楽界の中心地なのでは…そんな勢いを感じさせる昨今の同イベント。先頃5pb.Recordsとの契約を終了、再びDoujin活動一本に絞ってM3-2012秋の新作リリースに照準を合わせてきたAsrielの動きは正にそんなシーンを象徴している。

作風的にはいつもの叙情感が満載だが、特筆すべきはメジャー作品と同質の重厚感溢れるSymphonic-Metalという点。そして"AntiQue 〜2nd collection〜"で感じた違和感…アニソンテイストに比べ、Visual-Keiノリの背徳的な疾走曲がずらり。正に本来のAsriel節を取り戻したと言える…!

このことから彼らは時間的・音楽的な制約からの解放のみならず、メジャーと同様のクオリティを出すノウハウを得たためのDoujin回帰なのでは…?と邪推してみる。加えてAsrielやKOTOKOソロ名義でメディアファクトリーからリリースされたタイアップ作品により新たなファンも獲得している。

今後は彼らのようにスポット的にメジャー進出し、再び「こっち」に戻ってくるサークルが増えるかもしれない。メジャーにDoujinのクリエイティビティを知らしめ、Doujinにメジャーのクオリティを還元する素敵サイクルだ…"Night of Blood"冒頭で歌われる「両手を縛って囚われの姫の真似をした」…サラッとメジャー活動は擬態だったのよとでも言いたげなAsrielから今後も目が離せない。

【Favorite Number】 Night of Blood / COCYTUS / その願いが罪ならば / マリオネットの恋模様

XANADUXANADU
Asriel

曲目リスト
1.Nights of Blood
2.CRIMSON
3.砂漠ノ航路
4.BIRTH
5.COCYTUS
6.夢の境界
7.その願いが罪ならば
8.ILLUMINATE
9.牡丹
10.マリオネットの恋模様
11.白雪纏
12.XANADU

オフィシャルで詳しく見る


Asriel - ALTAIR
Asriel - 深き森の囁き


レムリアに捧ぐ
KOKOMI
B005DIBJ9U
誓響のイグレージャ
KOKOMI
B004D6PYO4
We Are All Prisoners
Aria
B008JW2V08
posted by kerkerian at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304148031

この記事へのトラックバック