2012年11月15日

アーバンギャルド / ガイガーカウンターカルチャー(2012)

秋の大物Electro新作第4弾は日トラウマテクノポップの5th。

大物...?という向きもあるかもしれないがこの界隈では既にそれに見合う評価を獲得しつつある彼ら。本作のデイリーチャート10位(ウィークリーは24位)という数字が物語っている。

前作"メンタルヘルズ"辺りから目立ってきたバンド編成ならではのロック路線が、本作ではさらに推し進められている。この脱エレポップについてはデビュー作"少女は二度死ぬ"からのアーバンギャルソンである私にも物申したい気持ちはある。

しかし彼らのアイデンティティとは、松永天馬氏によって創られた時事ネタ他の既存モチーフを少々のニヒリズムでもって抉り…いや言葉遊びとかレトリックの延長上に築かれる独自のファンタジーか…それに浜崎容子嬢が少女性(処女性)を付与して紡がれる世界観。それが全てなのである。音楽性云々は二の次で、ライブでも朗読や映像を披露しているように彼らの表現形態は音楽である必然すらないのかもしれない。

そういう観点から、アーバンギャルドはメジャーな存在になる程カウンターカルチャーとしての立ち位置をより強くアピールしており、当意即妙なタイトルと共にそのアティチュードは大いに称賛したいところだ。更にそれでいて幅広い層に支持を拡げているのだから凄い。『コミック雑誌なんてILLかい』の元ネタなんて若いリスナーには謎すぎるだろうな…!ハードコアな同曲で叫ぶ松永氏はさながら特撮のオーケンを髣髴とし、続く先行シングル『生まれてみたい』はまるでプリプリのバラードポップのようだ…因みに俺のお気に入り『前髪ぱっつんオペラ』("少女の証明"収録)はトミフェブ或いはWINKっぽい・・・例えにおっさん臭がするのは容赦頂きたい。頭脳警察よりは新しいだろ?

言っちゃったね。頭脳警察って。

【Favorite Number】 病めるアイドル / 生まれてみたい / ノンフィクションソング



ガイガーカウンターカルチャーガイガーカウンターカルチャー
アーバンギャルド

曲名リスト
1. 魔法少女と呼ばないで
2. さよならサブカルチャー
3. 病めるアイドル
4. 処女の奇妙な冒険
5. コミック雑誌なんかILLかい
6. 生まれてみたい
7. 眼帯譚
8. 血文字系
9. トーキョー・天使の詩
10. ガイガーカウンターの夜
11. ノンフィクションソング

Amazonで詳しく見る


アーバンギャルド - 病めるアイドル
アーバンギャルド - 傷だらけのマリア


ZOO&LENNON
0.8秒と衝撃。
B002LLG924
Computer House of Mode
SPANK HAPPY
B00006AUQT
HALLOWEEN ADDICTION
Tommy february6 & Tommy heavenly6
B00943YBEK
posted by kerkerian at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック