2012年09月05日

Bunny Lake / The Sound of Sehnsucht(2012)

墺太利のElectroユニットによる3rdアルバム。

従来のElectroclashから、抒情性を打ち出した路線に舵を切った前作"The Beautiful Fall"と同様、今作でもノスタルジア満載のSynth-Popを鳴らしています。その上で、よりアタックの強いバンド感のある楽曲が増えた印象だ…そういえば、Bunny Lakeはユニットではなく4人組のバンドだったのだ笑。

勿論彼ら最大の萌えポイントはSuzy嬢の歌唱…突き放すクールネスと包み込むテンダネスのギャップにある訳だが、もう一人のVo、Christian氏のイケメン声も聴き逃せない。前作より登場回数が若干増え、とりわけ"Down By The Sea"や"Against All Reason"など、よりメロディアスで哀愁度の高い楽曲でメインボーカルを取っているのが特徴。ライブパフォーマンス同様、動のSuzy嬢+静のChristian氏という棲み分けがより明確になったといえよう。

【Favorite Number】 Follow the Sun / After the Revolution / Young Lovers



The Sound of SehnsuchtThe Sound of Sehnsucht
Bunny Lake

曲目リスト
1.Follow the Sun
2.Woods on Fire
3.After the Revolution
4.Down By The Sea
5.All the Screens Stay Dark Tonight
6.Satellite Sky
7.Young Lovers
8.Against All Reason
9.Crystal Kiss
10.Golden Secrets
11.Sehnsucht

Amazonで詳しく見る


Bunny Lake - 1994
Bunny Lake - Follow The Sun


Time Is A Habit
Luise Pop
B006LKW3NK
JUICY LUCY
JUPITER
B0084DOLJG
Jackie
Bitchee Bitchee Ya Ya Ya
B00478A6F0
タグ:austria Synth-Pop
posted by kerkerian at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/290472754

この記事へのトラックバック