2012年08月18日

Emilie Autumn / Fight Like a Girl(2012)

USのカリスマGothic歌姫による3rdフルレングスアルバム。

アルバムオブザ・ディケイドに推したい前作"Opheliac"から早6年。待ち焦がれ過ぎて消し炭になりかけたところへの新作である。今作はEmilie嬢による自伝小説"The Asylum for Wayward Victorian Girls"のサウンドトラックと位置付けられており、なるほど病的で、躁々しく鬱々しい様式美の世界を再現している。このコンセプチュアルなオペラティカは、21世紀版"Tommy"(The Who)と言えるんじゃないだろうか…!言い過ぎたか…?

構成は前作と同様、前半部にIndustrial-Popな"Fight Like a Girl"をはじめキャッチーな楽曲を揃え、後半部にネオ・クラシカル色の強いダーク・アンビエントな楽曲が居並ぶ。中でも本作の世界観を象徴する"Take the Pill"は鬼気迫る凄絶さを湛え、バロック・ポップなミュージカルナンバー"Girls!Girls!Girls!"は今後の代表曲になってきそう。

全体的にはよりRock的、時にMetalすら感じさせるアプローチと、エレクトリック・オルガン主体のクラシック・サイドの二極化が進んだ印象だ。流麗かつ狂気的なバイオリン・プレイを聴ける場面が減ったのは残念なれど、演者よりもプロデューサーとして作品のトータルコーディネートに徹した結果だろう。有象無象のGothic界に君臨する、数少ない「アーティスティック」を体現する存在であることを改めて知らしめる、メガロマニアックな至高のDark-Cabaret作品だ。

【Favorite Number】 Fight Like a Girl / Time for Tea / Girls! Girls! Girls! / Gaslight



Fight Like a Girl [Explicit]Fight Like a Girl [Explicit]
Emilie Autumn

曲目リスト
1.Fight Like a Girl
2.Time for Tea
3.4 O’Clock (reprise)
4.What Will I Remember
5.Take the Pill
6.Girls! Girls! Girls!
7.I Don’t Understand
8.We Want Them Young
9.If I Burn
10.Scavenger
11.Gaslight
12.The Key
13.Hell Is Empty
14.Gaslight (reprise)
15.Goodnight, Sweet Ladies
16.Start Another Story
17.One Foot in Front of the Other

オフィシャルで詳しく見る


Emilie Autumn - Girls! Girls! Girls!
Emilie Autumn - Fight Like A Girl


Sister Kinderhook
Rasputina
B003HO0RKE
Amanda Palmer Goes Down Under
Amanda Palmer
B004I65FUM
Evelyn Evelyn (Dig)
Evelyn Evelyn
B0037OA1W8
posted by kerkerian at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Emillie Autumn - Fight Like a Girl
Excerpt: Emillie Autumn - Fight Like a Girl (2012) 情報アンテナの張り巡らしが悪かったためかまるでリリース情報に気が付かなかったEmillie Autumnの..
Weblog: ロック好きの行き着く先は…
Tracked: 2012-08-29 09:38