2012年05月11日

Garbage / G(1995)

いよいよ、3度の飯より好きなGarbageの7年振り5枚目の新作が5/14に出る。そこでこれまでの作品を振り返るGarbage祭りを開催したい。まずは1st"G"から。

多くのリスナーがこれまでの4枚で一番のお気に入りに挙げる本作・・・1995年という時代を見事に捉えたAlternative-Rockであり、かつ5年先を見据えたデジタルサウンドとの融合は17年経ったの今なお色褪せない・・・いや流石に旧さは感じるか。何しろ当時は「エレクトロ」じゃなくて「デジタル」だったからな。

しかし1曲目の"Supervixen"イントロの艶かしくもジャリついたサウンドは一聴して不変のGarbage印と解る。音的には既に完成されていた訳だが、楽曲的にはグランジのフォーマットを踏襲したAlternative-Rockだ。シャーリー嬢のVoも未だ表情に乏しいためか、Angelfishの延長上にある感じも。そんなダークな色合いを湛えた荒削り感とポップネスのギャップがこのアルバムの評価を高めているのかもしれない。

【Favorite Number】 Supervixen / Only Happy When It Rains / Stupid Girl / Milk



GarbageGarbage
G

曲名リスト
1. Supervixen
2. Queer
3. Only Happy When It Rains
4. As Heaven Is Wide
5. Not My Idea
6. A Stroke Of Luck
7. Vow
8. Stupid Girl
9. Dog New Tricks
10. My Lover's Box
11. Fix Me Now
12. Milk

Amazonで詳しく見る


Garbage - Stupid Girl
Garbage - Only Happy When It Rains


Live Through This
Hole
B000003TAY
Ready to Go: Best of
Republica
B000067CIK
Elastica
Elastica
B000003TBB
posted by kerkerian at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269445112

この記事へのトラックバック