2012年04月26日

Celluloide / Numériques(2012)

仏エレクトロ・ユニットによるベストアルバム。

2002年のデビュー作"Naive Heart"から5枚のLPと1枚のEPから選りすぐられた本作。Synth-PopやNew Waveの流れを汲むレトロ・フューチャーサウンドを指向する彼らだが、このベスト盤では全編に渡りクラブミックスが施されている。内容的には2006年の"Bodypop EP"に近い印象だ。

清冽なSynthサウンドがノスタルジアを感じさせる"Translation Of Love"、突き刺すHHの覚醒感が心地良いA Lieなど、フロア向きでフィジカルな楽曲が目立つ。妖艶ボイスをクールに響かせるDarkleti嬢によるメロディは前に出過ぎず起伏が抑えられていることで、歌ものSynth-Popが陥りがちな歌謡曲感を回避している。良い意味で旋律が音に埋もれているため、無心にループ感を愉しめる。00'sElecro-Popシーンのサマリーとして、また10's以降シーンのレビューとして、取り込んでおきたい1枚だ。

【Favorite Number】 Translation Of Love / A Lie / Seven And Forever



Numeriques 1Numeriques 1
Celluloide

曲目リスト
1. This Aching Kiss (D-side Edit)
2. Audiotherapy (Restart Mix)
3. Translation Of Love (Remix)
4. A Lie (Extented)
5. Ordinosaure
6. People Like Me (Extended)
7. Seven And Forever (Extended)
8. Coeur 8-bit (Remix Hexadécimal)
9. Make Things Last (Elegy Extended)
10. Wounds Of Love (Extended)
11. Synchronise (Elegy Edit)
12. Imprévisible (Éventuel Remix)

Amazonで詳しく見る


Celluloide - Imprévisible
Celluloide - Translation Of Love


Silent Years
Chinese Theatre
B001PMRCG2
It Hertz
Katsen
B002N5KVFY
Have You Ever Touched a Dream?
Daybehavior
B0000W65L6
posted by kerkerian at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック