2012年03月23日

東京事変 / 東京コレクション(2012)

東京事変の7年間を総括するベスト盤。

ソロ時代(事変結成前の)から「普通のベストアルバムは出さない」という林檎嬢の公言通り、ライブベストという形でのリリースとなった本作。手練ミュージシャン集団で、ライブの定評は言わずもがなの彼らだが、ラウンジィでこまっしゃくれた楽曲チョイスは嫌だなあ・・・そんな危惧を吹き飛ばすAlternatve-Rock「全壊」の本作。パワフルさとスタイリッシュさと大人のお遊びが並存した、スタジオ作品以上に東京事変のアイデンティティを見せ付ける内容と言える。以前に感想書いた『教育』『スポーツ』からの選曲が少ないのは涙目だが。

冒頭のオリジナル未収録の『三十二歳の別れ』で感傷ムードに浸った後のアッパーないかにもライブ映えするナンバーが続く。『OSKA』での様々なオマージュを含むジャム展開もしっかり押さえつつバラードで一息入れた後は、『閃光少女』から『群青日和』まで怒涛の神曲連打。各パートの強烈な自己主張が、キャッチーなポップソングとして収斂してゆく様はケミストリーとしか言いようがない・・・!『透明人間』は"Dynamite out"verの方がパンキッシュで好きだったのだが、コケティッシュな今のverもらしさが出てて良いな。やはり彼らはスタジオミュージシャン集団ではなくライブバンドだ。

さて9年ほど前に林檎嬢のソロ3rdを酷評した私ですが、今後5thアルバムでダイナミックなバンドサウンドは展開されるのだろうか?されなかったら、今度こそ彼女と三十ウン歳の別れをする事になるだろう泣!

【Favorite Number】 禁じられた遊び / 復讐 / 閃光少女 / 透明人間

東京コレクション東京コレクション
東京事変

曲名リスト
1. 三十二歳の別れ
2. 禁じられた遊び
3. かつては男と女
4. キラーチューン
5. OSCA
6. ミラーボール
7. 復讐
8. ピノキオ
9. 閃光少女
10. 透明人間
11. 丸の内サディスティック
12. スーパースター
13. 群青日和
14. 夢のあと

Amazonで詳しく見る


東京事変 - 透明人間
東京事変 - 丸の内サディスティック


僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ
モーモールルギャバン
B006YJP1RS
amp-reflection
school food punishment
B0035NO7KI
ex Negoto
ねごと
B004X86PW2
posted by kerkerian at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/259478250

この記事へのトラックバック