2012年02月29日

Xandria / Neverworld's End(2012)

独Symphonic-Metalバンドの新章を高らかに告げる5thアルバム。

絶対的な存在感を放っていた歌姫、Lisa嬢が脱退し2008年のベストアルバム"Now & Forever"で一区切りつけた彼ら。その後加入した女性Voは1年で脱退、間髪入れずにManuela嬢を補強し漸くアルバム制作に漕ぎ着ける…昨年書いたCoronatusと完全に同じ流れですが、歌姫が替わっても音楽性は不変だったCoronatusとこのXandriaは真逆のスタンスであるのが興味深いな…!

従来のXandriaの魅力と言えば、ナチュラルトーンのLisa嬢が可憐にさえずるライト感覚なGothic-Metalだった。後にパワーメタル化するが、特にポップでオリエンタル風味の1st"Kill the Sun"は憑かれたように聴きまくったもんじゃて…さて、今回加入したManuela嬢は全く異なる芸風で折り紙つきの実力を誇るオペラ系ボーカリストだ。それに呼応して楽曲もシンフォニック・オペラに衣替え。Tarjaの影響を公言するだけあって昔のNightwish、"Wishmaster"とか"Oceanborn"の匂いに満ちている…というかクリソツ過ぎてクリビツだわ。その後Voの交替に伴いシンフォ路線からパワー路線に切り替えたNightwishとは逆の歴史を辿っていてこれもまた興味深し。

近年のフル・オーケストラを従えてのLive活動を総括した、素晴らしく重厚感に溢れた内容を繰り出してきた新生Xandria。だが彼らにしか持ちえなかったストレンジィな妖艶さはもう無い。このカテゴリではEpicaやWithin Temptationに及ぶ筈もなく…個人的にはなんだか残念な感じである。

【Favorite Number】 Valentine



Neverworld's EndNeverworld's End
Xandria

曲名リスト
1.A Prophecy of Worlds to Fall
2.Valentine
3.Forevermore
4.Euphoria
5.Blood on My Hands
6.Soulcrusher
7.The Dream is Still Alive
8.The Lost Elysion
9.Call of the Wind
10.A Thousand Letters
11.Cursed
12.The Nomad’s Crown
13.When the Mirror Cracks

Amazonで詳しく見る


Xandria - Valentine
Xandria - Ravenheart


Sunless Days
Beseech
B000ANXLYE
Amortean
Silentium
B001I4YWMO
Evernight
Battlelore
B000MTOQ6S
posted by kerkerian at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック