2012年02月08日

Emilie Autumn / Opheliac(2006)

旧譜シリーズその3は、USのGoth姫による2ndアルバム。

アルバムオブザイヤー2006に選出した本作。イヤーどころかアルバムオブザディケイドかもしれない。とりあえずこの5年、本作以上の衝撃を未だ耳にしていないのは事実だ…!何しろ「これこそが今日におけるオルタナティヴ!!」と確信してブログテーマを変えた契機だからな。2006年当時は大きなムーブメントは起こらなかったものの、今日までの間に多くのGothic系アーティストが彼女の影響を公言し、数々の音楽レビューサイト(日本も含む)で言及されるこのアルバムは確実にシーンに爪痕を残したといえる。

元々Courtny Loveのツアーサポートミュージシャンとして活動していたEmilie嬢。卓越したバイオリンの技巧とソングライティング能力、カリスマ然とした出で立ち…主役の「元ロックヒロイン」を遥かに凌ぐオーラを世の中が放っておく筈も無く"Enchant"でソロデビューを果たした。そして普遍的なポップスから一転アートの極みともいえる傑作がこの"Opheliac"によって実現。

Neo-ClasicとIndustrial、Darkwaveが高次に融合した音楽スタイルに乗せて、Emilie嬢がたおやかに囀り、狂気的に喚き、生とエレクトロを使い分けた凄絶なバイオリンプレイを聴かせる全17曲。バロック調のフレーズで幕を開ける冒頭曲が全てを物語っている。前半部にインパクトの強い代表曲がズラリと並ぶが、最後まで一分の隙も無くGothicの美学と格調で満たされたこのアルバムは、今日のGoth-Electroの方向性を決定付けたといって過言ではない…!この後も幾つかEPをリリースしたが遂に2012年、3rdフルアルバム"Fight Like A Girl"をリリース予定(既にアナウンスされて1年以上経っているが)。シーンの最重要ヒロインによる新たな世界を、絶対に見逃してはならない…!

【Favorite Number】 Opheliac / Swallow / The Art Of Suicide / Misery Loves Company / Dead Is The New Alive / Marry Me



OpheliacOpheliac
Emilie Autumn

曲名リスト
Disc-1
1. Opheliac
2. Swallow
3. Liar
4. The Art Of Suicide
5. I Want My Innocence Back
6. Misery Loves Company
7. God Help Me
8. Shalott
9. Gothic Lolita
10. Dead Is The New Alive
11. I Know Where You Sleep
12. Let The Record Show

Disc 2
1. Dominant
2. 306
3. Thank God I'm Pretty
4. Marry Me
5. Bach : Largo For Violin
6. Poem : How To Break A Heart
7. Poem : Ghost
8. Poem : At What Point Does A Shakespeare Say

Amazonで詳しく見る


Emilie Autumn - Violin Solo
Emilie Autumn - Misery Loves Company


Sister Kinderhook
Rasputina
B003HO0RKE
Who Killed Amanda Palmer?
Amanda Palmer
B001C5ZR0A
What's in the Box
Vermillion Lies
B0016COYLM
posted by kerkerian at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック