2012年02月05日

SYOKO / SOIL 未来の記憶(1986)

伝説のGothic-Princessによる1stソロアルバム。

2011年作品の感想がひと段落したところで、過去作品を幾つか紹介したいと思います。1発目は先日、EMIの邦楽ロックリイシューシリーズにうっかりラインナップされてしまったG-SHUMITTのカリスマ的(カルト的)歌姫と、かの久石譲による奇跡のコラボレーションアルバム…珍盤といっていい…を取り上げたい。

時は1986年。久石氏が音楽を手掛ける『天空の城ラピュタ』が公開された年で、本アルバムも「情景(1)」や「Sphinx in the Night」などで氏特有のマリンバ的なエレメンツ(恐らくフェアライトCMIによるものだろう)が聴けるが、ファンタジックな音作りとは裏腹にメロディ運びや楽曲展開はSYOKO嬢のキャラクター性に沿っているのが本作最大の聴き所。氏のキャリアにおいてはかなり異色の実験作だろう。言うなればシアトリカル・インダストリアル・ポップといったところだ。中でもお洒落なラウンジィムードながら頽廃の匂いがする「からっぽの日旺日」は出色。

対するSYOKO嬢の紡ぎだす詩世界、そして歌は極めて普段通りの暗黒っぷり。6曲のEPながら圧倒的なドラマ性と深い感動を呼び起こすのは彼女の表現力に依るところが大きい。80's当時において尖鋭性があったとは聊か過言な気がするが、アンダーグラウンド・シーンの女性ボーカリストが(後の)名音楽家の世界観を完全に統べていたという点で稀有な、そして史料的価値の高い作品であるといえます。そして願わくばワーナーさんも2ndソロ作の"turbulence"を復刻してくりゃれ…!

【Favorite Number】 情景(1) / Magie / からっぽの日旺日

SOIL 未来の記憶SOIL 未来の記憶
SYOKO

曲名リスト
1. 情景 (1)
2. Criminal Shuffle
3. Sphinx In The Night
4. Magie
5. からっぽの日旺日
6. Sunset

Amazonで詳しく見る


SYOKO - Heaven
SYOKO - Sphinx In The Night


改造への躍動
ゲルニカ
B004P0A1PA
チャクラ+5
チャクラ
B005HDR9CW
君をのせて
井上あずみ
B0002YD54W
posted by kerkerian at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/250448303

この記事へのトラックバック