2012年01月02日

Kidstreet / Fuh Yeah(2011)

あけましておめでとうございます。
2012年もFemale-Vocalのマイノリティ音楽を中心にお届けして参りますm(__)m
因みに恒例の●●オブザイヤーは1月下旬を予定していますよ。

Kidstreetはカナダのエレクトロバンドによる1stフルレングス。
新年一発目に相応しい新食感の音楽です。冒頭の"X"はNew Wave色の強い洗練されたSynth-Popを聴かせたと思えば次の"Birthday Boy"は生々しいリズムエレメンツを使ったEbony Bones!的エレクトロクラッシュ。3曲目"Penny Candy"ではまた一転して高速ラップ+Electroclash的なハウスミュージックと、目くるめくジャンク・ディスコミュージックを見せつけられます。

VoのEdna嬢、そしてバックトラックを担当するCliff氏とKarl氏のSnyder三兄妹は見てくれこそ宅録ヲタクみたいな感じだが、トラディショナルな電子音楽へのリスペクトと同時に野心的なExperimental-Musicをも標榜する。9曲全て(ラストの"X"Remixは除いて)が普遍的なポップネスと肉感的なダンスミュージックの機能を持ちつつも、時にFuture-Pop的であり時にクラシカル。インストナンバー"Song"が象徴的で、唄わなくとも曲自体がSongなんだというアティチュードが透ける好感好盤。暫くヘヴィロテ決定です。

【Favorite Number】 X / Penny Candy / Fuh Yeah



Fuh YeahFuh Yeah
Kidstreet

曲名リスト
1. X
2. Birthday Boy
3. Penny Candy
4. Out Loud
5. Fuh Yeah
6. Nineteen Ninety Three
7. Song
8. The Future Is A Fever
9. Never Coming Back
10. X (Rampue Remix)

Amazonで詳しく見る


Kidstreet - Birthday Boy
Kidstreet - Penny Candy


Inventions
Ash Koley
B0042EIT8U
Valery Gore
Valery Gore
B0009G0YS8
Rise of the Giddy08/11cc
Rubicks
B005BBJLIU
posted by kerkerian at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック