2011年11月11日

Electric Valentine / The Fuse(2011)

USエレクトロ・デュオによる2ndアルバム。

Valentineを名乗りながらいつもリリースが夏場なのはまあ良いとして、2009年の1st"Automatic"に続いて今回もジャケはデモ盤のようなトホホクオリティ…何とかならんのか…しかし内容は着実にVerUPをしているからご安心を。

1stではメンバーのLauren嬢(Vo)、Chris氏(Key)が結成前に活動していたA Kiss Could Be Deadlyの名残でNew-Wave色の強いノスタルジックなSynth-Popが中心でしたが、今作は改めてElectric Valentineとしての方向付けが明確になったと言える。1stに続いて再収録された"Body To Body"を聴き比べると顕著だが、骨太なElectro-Popサウンドに加え、Lauren嬢の歌唱を前面に押し出したR&B的なアプローチも垣間見える。使用エレメンツの豊富さ、音の分厚さは格段に増し、全体的にメジャーに、リッチになった印象だ。即クラブアンセムにもなりそうな曲もちらほら。まあ既聴感バリバリなのは前回と同じですが、少なくともDaftなんちゃらとかPerfumんちゃらみたいと謗られることはなかろう…個人的な聴きどころは(acoustic Bonus Track)と銘打たれた非Electroのラスト2曲。嗚呼A Kiss Could Be Deadly再結成しねーかな笑

【Favorite Number】 The Fuse / Back On The Floor / Heartbeats



The FuseThe Fuse
Electric Valentine

曲目リスト
1. The Fuse
2. Body To Body
3. G + F
4. Back On The Floor
5. Everyone You Know Is On Drugs
6. If You Want It
7. You Keep Me Hangin' On
8. Vertigo II
9. Too Close To The Sun
10. Breed (ft James Munoz of The Bled)
11. Stockholm Syndrome
12. Heartbeats (acoustic Bonus Track)
13. Moonlight To Sunrise (acoustic Bonus Track)

Amazonで詳しく見る


Electric Valentine - Everyone You Know Is On Drugs
Electric Valentine - A Night With You


Ultraviolet Sound
Ultraviolet Sound
B0056IWZJA
The Arcade
Hyper Crush
B004CFB60M
I Don't Like the Vibe in...
Electrovamp
B000ZOTE12
タグ:Electro-Pop US
posted by kerkerian at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/234724689

この記事へのトラックバック