2011年07月31日

NeraNature / Foresting Wounds(2011)

ポーランドのGothic-Metalバンドによる1stアルバム。

へヴィネスよりも哀愁メロやアトモスフェリック重視とみられる音楽性で、"Shatterd"、"Precious Now"の安定感に耳を委ねつつ#3の"The World Is Not Enough"。無類のGarbage贔屓である私ですら「これは原曲超えしてるかも」と思った。まあ解り易い曲なので、Gothicのアプローチではこれしか無いアレンジではある。しかし惜しむらくはこれ以降の楽曲に取り立てて個性を感じなかった事だ。せめて"The World〜"同様、ダークトランシーを用いるとか、ミッドテンポ以外のバリエーションも欲しかった。現状では数多のGothic-Metalフォロワーの域を出ないというのが正直なところです。

とはいえNera嬢の威厳に満ちたボーカル、そしてClosterkeller然りUnsun然り、ポーランドMetal勢のアベレージの高さを見せつけるには十分のポテンシャル…2nd以降に期待です。

【Favorite Number】 Shattered / The World Is Not Enough / Some Air



Foresting WoundsForesting Wounds
Neranature

曲名リスト
1. Shattered
2. Precious Now
3. The World is Not Enough
4. Woman Soul
5. Oblivion
6. Broken
7. Disappointed
8. Some Air
9. Scar
10. Before
11. Dormant
12. Someone

Amazonで詳しく見る


NeraNature - Precious Now
NeraNature - The World Is Not Enough


Solfernus' Path
Darzamat
B002EC3996
In Memory of
To Cast a Shadow
B004FWZ0YU
Quarterpast
Mayan
B004SKI77Q
posted by kerkerian at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217556442

この記事へのトラックバック