2011年07月06日

Unexpect / Fables Of The Sleepless Empire(2011)

加奈陀のAvant-garde/Extreme Metalによる2ndフルレングス。iwrestledabearonceRolo TomassiPin-Up Went Downと、これまで紹介した変態音楽の系譜に連なる、今年の決定版が登場。

音的にはハードコア、メタル、クラシカルの要素を飲み込んだプログレッシブといった態で、計算しつくされた狂気といったところか。それもそのはず、メジャー作品こそ2枚目だがキャリアは15年にも上るベテランの彼ら。長年磨き抜いた巧、洗練された変態紳士淑女集団なのである。

特筆すべきは、Diablo Swing Orchestraも引き合いに出されるバイオリンとチェロが多層的に織り成すクラシック感。シアトリカルな楽曲にデカダン、スチームパンクな彩を添えています。その辺りのサウンドが1st"In A Flesh Aquarium"ではまだごった煮状態だったが今回見事にUnexpectの世界へと昇華した感じ。胃もたれしそうな楽曲の中で箸休めとなる"In The Mind Of The Last Whale"、"A Fading Stance"が配置されている構成もいい。

キャバレー・ディーバ感を遺憾なく発揮するLeïlindel嬢を核に、Serj Tankianを髣髴する朗々とした男Voが必要以上に出過ぎず良いバランスを保っている。過度にミュージカル化してしまった最近のDiablo Swing Orchestraにお嘆きの諸兄には特にオススメしたい一作。

【Favorite Number】 Unsolved Ideas Of A Distorted Guest / Orange Vigilantes / Unfed Pendulum



Fables Of The Sleepless EmpireFables Of The Sleepless Empire
Unexpect

曲目リスト
1. Unsolved Ideas of a Distorted Guest
2. Words
3. Orange Vigilantes
4. Mechanical Phoenix
5. The Quantum Symphony
6. Unfed Pendulum
7. In the Mind of the Last Whale
8. Silence this Parasite
9. A Fading Stance
10. When the Joyful Dead are Dancing
11. Until yet a few more Deaths do us Part

Amazonで詳しく見る


Unexpect - Desert Urbania
Unexpect - Summoning Scenes


Carriers of Dust
Mirrorthrone
B000F9RIB0
Grand Opening & Closing
Sleepytime Gorilla Museum
B000H4JGZE
Intra
Ram-Zet
B000AA4LGE
posted by kerkerian at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213585795

この記事へのトラックバック