2011年06月28日

Hatesex / A Savage Cabaret She Saido(2011)

LAのGothic-Rockユニットによる2ndアルバム。

Éowynの項で類型化したGothic-Rockでいうと、80'sニューウェーブ、ポジティブパンクの流れを汲む彼ら。コーラスとフランジャーの掛かったギターはまさに妖しく旧めかしい印象を与えます。こういった音楽性の作品は性急な8ビートの楽曲で均一化されてしまう傾向があるのですが、本作は3拍子で気の抜けたビールのような男Voが2人も絡む"I am"、デジタライズされた16ビートにオリエンタルな旋律が乗る"Darling Divanora"などスパイスとなる楽曲もあって楽しめる。

艶かしいKrisanna嬢のボーカルはかつてのシャーリー・マンソンを髣髴し、キャッチーな"Operetta No. 19"や"Wanderlust"などではAngelfishを想起させる。より音が整理されSynthとの融合を果たしているラストの"The Forest of I"では今後さらにポップネスの高みに昇る可能性を感じさせ、看過できないゴシック・キャバレーの新星といえる存在だ・・・!

【Favorite Number】 Wanderlust / Darling Divanora / The Forest of I



A savage cabaret, she saidA savage cabaret, she said
Hatesex

曲目リスト
1.The Savage Cabaret Of Sins (Fragment)
2.A Rose Without Eyes
3.Operetta No.19
4.Wanderlust
5.The Red Curtain Masquerade
6.Throe II
7.The Necrokiss Of Melancholy
8.I Am
9.Darling Divanora
10.The Forest Of I
11.The Savage Cabaret Of Sins (Reprise)

Amazonで詳しく見る


Myopia
Black Ice
B000R7HYUK
Blossomy Parks
Escarlatina Obsessiva
B001U9KRKI
Kiss the Girls
Solemn Novena
B003KVZT0M
posted by kerkerian at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212371239

この記事へのトラックバック