2011年06月01日

Pati Yang / Wires And Sparks(2011)

新作シリーズ再開。波蘭のElctro-Singerによる4thアルバム。

Pati YangことPatrycja Hilton嬢は、31歳にして既に13年のキャリアを持つ。プロフィールによるとTrip-Hopシンガーという事になっており、確かに前作"Faith Hope And Fury"までは浮遊感に満ちた、フォーキーかつアナログな質感が持ち味だった…はずだが、本作で一気に開放的な音楽性にシフトしたようだ。インディーズの音からメジャーの音に3段階くらいギアチェンジした感じ。これはファンの間で賛否両論巻き起こる系だな…!

全体的にはTrip-Hopに留まらないEtherealやSynth-Popを含め普遍的なポップスを鳴らしており。さしずめポーランドの倉木麻衣ってところか。しかしこのアルバムではDarkwave/Industrialにも通じるダークなエッセンスすら散りばめられているのが特徴。サビのトランシーな裏メロが印象的な"Kiss Is Better"や、Heartを髣髴する80'sロック的な"Revolution Baby"では薄っすらとしたギターノイズに彩られ、ピアノが打楽器的に鳴らされる"Wires And Sparks"はフィオナ・アップル的。驚くべきことにこのどれもが極めてキャッチーなポップを前提にしていることである。

未だポーランドのローカルアーティストの域を出ない彼女だが、本作を引っ提げての世界進出を睨んでいる、そんな意気込みが感じられる充実作です。

【Favorite Number】 Kiss Is Better / Revolution Baby / Wires And Sparks



Wires And SparksWires And Sparks
Pati Yang

曲名リスト
1. Let It Go
2. Near To God
3. Hold Your Horses
4. Kiss It Better
5. Breaking Waves
6. Revolution Baby
7. Darling
8. Take A While
9. Wires And Sparks
10. Fold

オフィシャルで詳しく見る


Pati Yang - Near to God
Pati Yang - Soothe Me


Experiments in Violent Light
Flykkiller
B0018JKFQQ
Briefly Shaking
Anja Garbarek
B000GFLHYW
V(Fau)
Digit All Love
B003NEVVOO
posted by kerkerian at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/206203111

この記事へのトラックバック