2011年05月03日

My Inner Burning / Eleven Scars(2011)

GW=ジャーマン・ヴォヒェ。てくらい独づきっ放し。
という訳で独メタルバンドによる2ndアルバム。

パワーメタル前回のサウンドスケープに、素晴らしくメロディアスな女性Voが乗るスタイル。如何にもジャーマン的だが、決して臭メロになっていないところが高ポイント。かつこのBecky嬢、萌え度はそれなりレベルだが暴虐性と繊細さを併せ持つ魅力的な声をお持ちで、"When I'm Gone"のようなトラッドバラードでその技量は如何なく発揮されている。

嗚呼それだけに…Bメロに差し掛かると「よいしょーっ」とばかりにカットインしてくる男Vo。。その手法もうええて。00'sライクだねって揶揄されるよそのうち。勿論Gothic音楽に於いて美と醜の対比は大きなテーマなのは承知しているが、彼らは音でその世界観を構築出来ているだけに蛇足な気が。

ただその点を除けば非常に10's的で、後半曲に聴かれるSynthを交えたオブリやツボを押さえた緩急は今様といえる。新世代メタルの旗手に名乗りを上げるだけのポテンシャルは十分と見た。

【Favorite Number】 Masquerade / When i'm gone / Enemy of mine



ELEVEN SCARSEleven Scars
My Inner Burning

曲名リスト
1. masquerade
2. analize
3. electrified
4. For the last time
5. When I'm gone
6. Demons
7. done with denial
8. Gone Wrong
9. Enemy of Mine
10. New Breed
11. Home-Sick

Amazonで詳しく見る


My Inner Burning - Head On A Plate
My Inner Burning - when i'm gone


MOONCHILD
KATANGA
B004E8DDQ2
Ever Rain
Raven Tide
B004JU1AWO
Oxygen
Aghonya
B001LX4C5Y
posted by kerkerian at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198926922

この記事へのトラックバック