2011年01月30日

天野月 / Licht(2010)

今更ですが昨夏リリースのSSWによる1stアルバム。

といっても「天野月」は天野月子の転生ネーム。オリジナル作では5th"ZERO"以来となる復活作となる。
このアルバムは、かつてのエスプリの効いた激情的なロックはなくオーガニックなポップが主体。おそらくそれがリスタートを切った理由なのだろうけど、天野月子のパブリックイメージを一旦脱ぎ捨て真摯に素の自分と向き合った結果生まれたのがこの作品。尤も月子時代の後期からこの路線は「博士と孔雀」「風船」「糸電話」などでも見られたもの。つっこワールドを期待する向きにも十分応えられる内容だと思う。逆にアッパーさヘヴィさを求めるロック厨には、お帰りはこちらです。といった感じ。

もうひとつの本作の特徴は、全曲ほぼ一発録りという点。大人し目な楽曲が多いながらも、ブレスの一つ一つが感じられリアルに聴こえる。引き続きギタリストを務める石原慎一郎氏の叙情的なフレーズ、クラシックの調べがその童話的な世界観に彩りを添え、限りなくライブ盤に近い臨場感だ。情景が目に浮かぶようです。激情型から劇場型へと変貌を遂げた彼女の再出発をまずは祝いたい。

【Favorite Number】 ひかりのサーカス / 1+1が2にならない / 汚れた犬



LichtLicht
天野月

曲名リスト
1. ひかりのサーカス Licht Ver.
2. うつくしきもの Licht Ver.
3. クローバークローバー
4. プルチネッラの涙
5. Strawberry on the Shortcake
6. 1+1が2にならない
7. 汚れた犬

Amazonで詳しく見る


天野月 - 「Licht」SPOT
天野月子 - 鮫


Sharon Stones
天野月子
B000065BDV
天龍
天野月子
B00012T27E
ZERO
天野月子
B001DKBLUE

posted by kerkerian at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183069779

この記事へのトラックバック