2011年01月29日

Lily Of The Valley / Sounds Of The Moments(2010)

波蘭のGoth-Electroユニットによるデビューアルバム。

前回Evdemoniumの新世代インダストリアルに対して、こちらはオーソドックスなエレクトロ・オリエンテッドなインダストリアル。ふんだんに盛り込まれたダークトランスにデジタルビートが撒き散らされ、Emmanuella嬢のクールなボーカルはポップな旋律をなぞる。メランコリックで印象的なフレーズを奏でるギターも見逃せない。1stにして素晴らしい安定感を誇るDarkwaveだ。

楽曲も4つ打ちの煽情的なナンバーを中心に、"Stagnant Hours"や"Gentle Words"のピアノ主体のゴス・バラードが抒情性をアピールする申し分ない構成。驚くべきことにこれでFree Download配信。つーか、普通に20ユーロくらい払って聴きたいくらいのアルバム。2009年のThe Nuriに続き、2010年のフリー・オブザイヤーはこれに決まりだ。Untoten、I:Scintillaなどの歌ものIndustrial好きなら必聴。

【Favorite Number】 Oblivion / The End of the World / Stagnant Hours / Far Away



Sounds Of The MomentsDying and Falling
Lily Of The Valley

曲名リスト
1.Intro
2.Oblivion
3.The End Of The World
4.This Moment Forever
5.Stagnant Hours
6.Winter In Paradise
7.Minrity
8.Far Away
9.Gentle Words
10.A Gdyby

オフィシャルで詳しく見る


Von Rosen Und Neurosen
Stillste Stund
B0013HFHTI
Blood Brains & Rock N Roll
Zombie Girl
B000NIIUUG
Horseback Riding Through
Implant
B0000TEUUM
posted by kerkerian at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183064435

この記事へのトラックバック