2011年01月24日

Freezepop / Imaginary Friends(2010)

USのエレクトロバンドによる4thアルバム。

アルバムオブザイヤー2004の1つに挙げた2nd"Fancy Ultra Fresh"をはじめ、毎作質の高いSynth-Pop/Electro-Popを届けてくれる彼ら。今作も期待に違わぬ出来です。

2009年にオリジナルメンバーのThe Duke of Pannekoekenが脱退、替わってドラムのRobert John "Bananas" FosterとSynths/VocoderのChristmas Disco-Marie Saganが加入して3人から4人体制となった彼ら。よりライヴを見据えた編成にシフトした模様です。

音楽性は2nd"Fancy Ultra•Fresh"でのBreaksをフィーチュアリングしたバラエティーに富んだビートや、3rd"Future Future Future Perfect"で見せたハードポップでぶ厚い音像などは一掃され、よりシンプルなサウンドに回帰した模様。その点では若干の物足りなさを感じるが、メロディはより洗練され哀愁度もUP。今までやってそうでやってなかった8-bitディスコナンバー"We Don't Have Normal Lives"など、Liz嬢の清廉なボーカルが映える全12曲。Freezepopに外れなし!

【Favorite Number】 Doppelganger / We Don't Have Normal Lives



Imaginary FriendsImaginary Friends
Freezepop

曲名リスト
1. Natural Causes
2. Lose That Boy
3. Doppelganger
4. Special Effects
5. Strange
6. Magnetic
7. We Don’t Have Normal Lives
8. Hypothetically
9. Imaginary Friend
10. Lady Spider
11. Hot Air Balloons
12. House of Mirrors

Amazonで詳しく見る


Freezepop - less talk more rokk
Freezepop - Stakeout


Tribute to Your Taste
Electrocute
B00008V616
Season of Poison
Shiny Toy Guns
B001GOKGCQ
Stars and Garters
Splashdown
B000QYGZAO
posted by kerkerian at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック