2010年10月16日

Tarja / What Lies Beneath(2010)

Tarja Turunenの3年ぶりとなる、待望のソロ3rdアルバム。
思えば1stアルバムではクリスマスソングのクラシックアルバムをリリースし、もうGothicの世界に戻って来ないのでは?とも危惧されたのですが、その後の"My Winter Storm"、そして今作と期待を裏切らないロックとシ
ンフォニア。改めて世界のトップに君臨する歌姫ぶりを見せつけてます。

未だにNightwishの残滓に縋りたい向きもあるようですが、あれとは全く別物で比較の対象とするには無理がある。ここには我の強いキーボーディストもシャシャって歌いだすウザいベーシストも居ない。Tarjaの作品は形態こそバンドサウンドだが、基本的にはボーカルアルバム。シンフォニック・メタルバンドの作品と比べてもしょうがないのである。そりゃあ自分的にも"Oceanborn"と"Wishmaster"は神盤、これらを上回る曲を心のどこかで期待してしまう事もあるけど。。

さて本作。もはや「嬢」と呼ぶのが畏れ多い程の、威厳と矜持に溢れたボーカリゼーションが全編。先行シングルの"Until My Last Breath"や"I Feel Immortal"は前作の"Die Alive"、"I Walk Alone"よりも荘厳さに劣り、寧ろ個人的にはへヴィな"In For A Kill"、刹那メロディの"Little Lies"が気に入った。何より素晴らしいのは、神々しさを湛えながらどの曲もポップ(広義の)で解り易いということだ。キラー性は無いかもしれないが隙のない、長く愛聴できそうなアルバムです。

いや、、、隙あった。
ボーナストラック最後の"Still Of The Night"(Whitesnakeのカバー)。
Tarjaとクラシック・ロックの噛み合わせがこんなに悪いとはww次は是非アルカトラス辺りやってほしいな。Jet To Jetか広島モナムール希望。



What Lies BeneathWhat Lies Beneath
Tarja

曲名リスト
[Disc 1]
1. Anteroom Of Death (feat. Van Canto)
2. Until My Last Breath
3. I Feel Immortal
4. In For A Kill
5. Underneath
6. Little Lies
7. Rivers Of Lust
8. Dark Star (feat. Phil Labonte)
9. Falling Awake (feat. Joe Satriani)
10. The Archive Of Lost Dreams
11. Crimson Deep
[Disc 2]
1. We Are
2. Naiad
3. Still Of The NightAmazonで詳しく見る


Tarja - Die Alive
Tarja - I Walk Alone


Kiske-Somerville
Kiske-Somerville
B00409HCVW
Skintight
Liv Kristine
B003TE9BJU
Rubicon (Dig)
Tristania
B003TE9BJA
posted by kerkerian at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック