2010年10月05日

Unsun / Clinic for Dolls(2010)

ポーランド発ゴシックメタルバンドの2ndアルバム。なんかジャケがDeja-Vuってるなあと思ったらThe Divine Madnessの"Neverworld"に似てることに気づく。

キャリア4年目にして、Female-Gothicの鉄板アーティストになりつつある彼ら。バックの3人によるDeath-Metal畑の出自を感じさせる激烈なサウンドと、Aya嬢によるメロディックなボーカリゼーションが映える楽曲でデビュー作"The End Of Life"から既にゴサー、メタラーの心を鷲掴み。まあ自分はAya嬢の見目麗しさにやられたってのが大きい訳だが。

さて今回も2作目のジンクスを感じさせないクオリティ。望みうるUnsunが凝縮された感があります。まあ正直楽曲単位で眺めると"Not Enough"くらいしか残らなかったんだけど…この悪い意味での安定感、Unseen(安心)のUnsunってところか。そういえば元々Unseenってバンド名だったんだよな実際。

そういえば冒頭で「バックの3人の〜」とか書いたが、本作にはベースとドラムは参加していないらしい。ギタリストMaurycy "Mauser" Stefanowicz氏と、ケコーンしたAya嬢とのラブラブユニット体制による作品。Female-Metal界の数少ない萌え歌姫が持ってかれたのは実に痛いが、バンド感の有無などどこ吹く風。Mauser氏のソングライティングとAya嬢のVoがあればUnsunは成立。この2人、ベン・ムーディー&エイミー・リー、或いはアレキシ・ライホ&キンバリー・ゴスに匹敵するメタル界のタンデムだな。って両方上手くいってないし!



Clinic For DollsClinic For Dolls
Unsun

曲名リスト
1.The Lost Way
2.Clinic For Dolls
3.Time
4.Mockers
5.Not Enough
6.The Last Tear
7.Home
8.I Ceased
9.A Single Touch
10.Why

Amazonで詳しく見る


Unsun - Home
Unsun - Whispers


A Road to Depression
All Ends
B003WMI5U0
Lueurs
Kells
B001R5N1WQ
Neverworld
Divine Madness
B001QERIDQ
posted by kerkerian at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック