2010年09月26日

Kidneythieves / Trypt0fanatic(2010)

伝説的IndustrialバンドKidneythievesが遂に復活!8年振りの3rdアルバム♪

数年間に渡る活動休止中、VoのFree嬢はソロを、Gt/ProgのBruce氏はバンドShockNinaで活動していましたが再びコラボ意欲が再燃した模様。公式サイトでの限定リリースながら漸く完成に漕ぎ着けた本作は彼らの健在振りを高らかに宣言する快作となった。

一聴して、変わらぬ冷徹なGoth-Industrialサウンドに心が弾む(って表現も変だが)。二聴して幾分ギターが奥に引っ込んだ印象が芽生える。そういえば最後のリリースとなった"Kidneythieves Live in Chicago 2002"でも原曲に比べるとギターを絞ったmixが施されていた。布石は既に打たれていたのかもしれません。

そして最大の聴きどころはメロディ指向になった楽曲群。Free嬢のボーカリゼーションを最大化するアレンジとコードワークは全編通して歌モノになっており、元々共通項の多いGarbageに例えると1stの"G"から2nd"Version2.0"を飛び越え一気に3rd"Beautiful Garbage"まで進化したような具合だ。それでありながらKidneythivesらしいマニアックなエフェクト、アンダーグラウンド臭もしっかり維持。2010アルバムオブザイヤー候補リストにまた一枚、書き加える必要がありそうだ。



Trypt0fanaticTrypt0fanatic
Kidneythieves

曲名リスト
1. Jude (Be Somebody)
2. Beg
3. Freeky People
4. Velveteen
5. Dead Girl Walking
6. Size of Always
7. Comets + Violins
8. Lick U Clean
9. Dark Horse
10. Tears on A Page

オフィシャルで詳しく見る


Kidneythieves - Black Bullet
Kidneythieves - Glitter Girl


Sonic Jihad
Snake River Conspiracy
B00004S7KX
Damage
Tapping the Vein
B00005RCG9
Prey on You
I:Scintilla
B002UO73ZY
posted by kerkerian at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック