2010年09月19日

LIV MOON / COVERS 〜Scream As A Woman〜(2010)

日本のシンフォニックメタルLIV MOONの1.5枚目となるミニアルバム。

自分が思うにカバーアルバムは2つのアプローチがあって、
(1)誰でも知っている曲に自分流のアレンジを施すことで【音楽性】をアピール
(2)知名度を度外視して純粋にカバーしたい曲をやることで【ルーツ】をアピール

ラインナップを見た感じでは本作は(2)に該当するみたいだ。確かにスタンダード曲が多いが、超有名曲って訳でもない渋さ具合。せめてライブでも演奏したBlack Sabbathの"Paranoid"やEuropeの"Final Countdown"が入っていればもう少し華やかになったろうに。。それにしても時代を感じさせるチョイスだ。基本はAKANE嬢が歌いたい楽曲だったんだろうが、バックバンドのオサーン達の好みでもあることは明白だw

ともあれ、これによって彼らのルーツにGothic Metalは無いことが判明した。それを標榜するのならThe Gatheringの"Strange Machines"やTeatre Of Tragedyの"Der Tanz Der Schatten"、Nightwishの"Wishmaster"あたりのFemale-Gothic Metalの定番曲が欲しいところだったのだが。

益々彼らの立ち位置が解らなくなった本作ではあるが、歴戦のプレイヤーが集うだけあって"Child In Time"間奏での「手数王」による激烈なブラストや、"Show Must Go On"での荘厳なボーカル+コーラスワークなど聴き所は多い。狙ったのか解らないけどマドンナの後に"Gimme Gimme Gimme"("Hung Up"にサンプリングが導入されているアレね)を持ってくるあたりもニヤリとさせられる。それだけにいかにも「企画もの」って感じで残念な一枚です。



COVERS~Scream As A Woman~(DVD付)COVERS~Scream As A Woman~(DVD付)
LIV MOON

曲名リスト
1. Wuthering Heights
2. Call Me
3. Child In Time
4. Like A Prayer
5. Gimme Gimme Gimme (A Man After Midnight)
6. The Show Must Go On
7. Lascia ch’io pianga

1. ESCAPE
2. 月架
3. A WISH
4. DOUBLE MOON
5. WILD CREATURES
6. HISUI ~Nephrite [2010.03.03 1st Club Show at SHIBUYA O-EAST]
7. オトナキサケビ [2010.03.03 1st Club Show at SHIBUYA O-EAST]

Amazonで詳しく見る


LIV MOON - ESCAPE
LIV MOON - DOUBLE MOON


天使と小悪魔
ケイト・ブッシュ
B00005GKIF
Gold
Abba
B000001DZO
Autoamerican
Blondie
B00005MNP6
posted by kerkerian at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック