2010年06月14日

六弦アリス / マダム・ヴァイオレット(2010)

M3ピックアップ第3弾は、六弦アリスの10thアルバム。

緻密な物語性に定評がある彼ら。本作は6th『紅蓮の少女』でアリスを見殺しにした少女、ヴァイオレットのその後の人生を描いたストーリーで、もし裏切らなかったら・・・など7つの「ifストーリー」で構成されるアルバムです。いわばマルチED方式な訳ですが、まあどれも酷いBADエンドが用意されていて。名だたる歴史上の悪女エルゼベエト・バートリ、ブランヴィリエ侯爵夫人あたりに比肩する「最低最悪の美女」設定は伊達じゃないなと。それを櫻井アンナ嬢が媚びる様に、蔑む様に演じる様は圧巻。ネオクラシカル+シンフォニックメタルサウンドも更に完成度を上げてきた印象です。

そういえば本作や9th 『骨董店 『Mystique』』、8th『新興宗教 万華教』は全て7thアルバム『Omen of Seven』に収録される『マダム・ヴァイオレット』『骨董店 『Mystique』『万華教の人々』のそれぞれの世界観を広げたものであり、『Omen〜』がここ数作のメタ世界的な位置づけになっているのも興味深い。作品全てが連環する彼らの次回作は、どんな物語を紡ぐのか今から楽しみである。

Hypothetical Box ACT2マダム・ヴァイオレット
六弦アリス

曲名リスト
1.アリス在りし、或るアリス在りし。
2.秘密の地下室は死の香り
3.純潔娼婦
4.画家と貴婦人
5.そのスープを口にしてはいけません。
6.Miss Violet
7.悪徳の哲学

オフィシャルで詳しく見る


少女標本-maiden collector-
葉月ゆら
B002B5WUJ6
Midians Anthology
Queen of Wand
Midians Anthology
返し刃の獅子
MiddleIsland
返し刃の獅子
posted by kerkerian at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック