2010年04月16日

Worm Ouroboros / Worm Ouroboros(2010)

春のプログレちゃん祭り第4弾は、USのアートロック集団Worm Ouroboros。
ウロボロスはRPGとかでお馴染みの、自分の尾を食べて輪になった蛇みたいなやつ?
ちょっとウロ覚ろすなんですが。

実はこのアルバム今年の始めにSins In Vainと一緒に買ったのですが、さらっと流して放置だったためウーム、うろ覚えどす。ちゅーこって、季節は巡り改めて触れてみて衝撃。一応今回プログレに組み入れさせて頂きましたが、ジャンル特定不能の異色バンドと言えます。マイスペの音楽ジャンル:Other / Other / Otherは伊達じゃない。まあ面倒だったんだろうけど。

まず編成がギターボーカルのJessica嬢、ベースボーカルのLorraine嬢、そして男性ドラマーの3人体制。最小ユニットの音で、限りなく壮大な展開力を持つ楽曲群が魅力です。ゆったりとした流れの中、ギターのアルペジオに代表される音の「間」、静謐が支配します。生音ながらTrip-Hop的浮遊感すら感じますが、躍動する展開になると意外なほどドゥーム的重量感のある音を出す。しかし爆発感というより、あくまで静かな「感情の揺れ」みたいな感じ。これがポストドゥームってやつなのか。

全体的にはPure Reason Revolutionからリズム的要素を抜き、さらにプログレッシブ性を煮詰めたような印象です。あと4AD的恍惚感に満ちたJessica嬢のボーカルも素晴らしい。Gothic Rock、Progressive、Doom Metal、Trip-Hopがクロスオーバーしたら意外に地味でした的な不思議ケミストリーを、お楽しめ!



Worm OuroborosWorm Ouroboros
Worm Ouroboros

曲名リスト
1.Through Glass
2.A Birth A Death
3.Winter
4.Goldeneye
5.Failing Moon
6.Riverbed
7.Brittle Heart
8.Pearls
9.A Death A Birth

Amazonで詳しく見る


Wyllt
The Black Math Horseman
B001T46U1Y
The Instinct
Denali
B0000DCXPD
Summon
Bloody Panda
B002DT14UG
posted by kerkerian at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック