2010年04月03日

Six Magics / Behind The Sorrow(2010)

春のプログレちゃん祭り第1弾。

因みに前回のエントリーは、エイプリルフールネタなのは言わずもがな。ガルネクに関心があるって事自体が嘘である。アルバム全く聴かずに書くのも考えたが、さすがに音楽に対して失礼な気がしたんで頑張りましたよ。3曲目くらいまでな!

さて気を取り直してのSix Magicsはチリを代表するメタルバンド。元々は男性Voを擁するSymphonic Metal、というかクサメタルだったそうですが本作から女性VoのElizabeth嬢にチェンジ。ここで敢えてプログレに音楽性をシフトしての挑戦的な新作です。

プロデューサーはなんとDream Theater初期の名盤"Images & Words"を手掛けたDavid Prater氏。プログレ化も宜なるかなと言ったところです。とはいえ基盤となっているのはオーソドックスなGothic Metal。とりわけミッドテンポ曲はElizabeth嬢のVoが存分に発揮される聴きどころ。"Images & Words"で例えると、"Pull Me Under"よりも"Another Day"好きな方におススメといえる。

・・・と、些か強引にまとめましたが、
べっ別に前の記事にビビって、焦って新しいエントリーをやっつけで書いたわけじゃないんだからねっ!



Behind the SorrowBehind the Sorrow
Six Magics

曲名リスト
1.Run
2.Animal
3.Behind the Sorrow
4.Lies and Rules
5.Hands of Time
6.All My Dreams
7.They
8.No Time to Grieve
9.It's Not the Way
10.I Remember

Amazonで詳しく見る


Demut
Mantus
B0033WDCSE
Reason and Madness
Hanging Doll
B001LXIX1I
Alliance of the Kings: Black Crystal Sword Saga 1
Ancient Bards
B0030LYL88
posted by kerkerian at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック