2010年03月25日

January / Careful What You Tell the Sky(2010)

USのアンビエントユニットJanuaryのデビューアルバム。

Supreme Beings of Leisureのベーシストとして知られるRamin Sakurai氏と、歌姫January嬢によるユニットで、アコースティックギターを中心とした、柔らかなフォークトロニカの手触りは2009アルバムオブザイヤー入りしたBlind Devineを想起させる。

クラシック音楽やSigur Ros、Rediohead、Bjorkなどの影響を公言する彼らだが、とりわけオルタナティヴロック(グランジに限定しても良いかもしれない)の影響が端々に見てとれて、清冽さと共にどこか悲哀めいた印象を与える。"I Do"や"The Dream"の4コードでシンプルに展開するサビと、鬱屈としてうっつくしいメロディは紛れもなくグランジのそれだ。

全体として、オーガニックとエレクトロが融合した陰影のある良作です。夢の中でゆらめくように、麗らかさと儚さを併せ持つJanuary嬢の歌声。物悲しいドリーミーさが漂う、美しく陽炎のような夢中夢を。是非。



Careful What You Tell the SkyCareful What You Tell the Sky
January

曲名リスト
1. Hourglass
2. Careful What You Tell The Sky
3. I Do
4. You”ll Love Again
5. Beautiful Ache
6. I”d Rather
7. Where Do You Put Your Heart
8. The Dream
9. Fall Forward
10. In Spite Of

iTMSで詳しく見る


Soul Retriever
Blind Devine
Soul Retriever
Fauxliage
Fauxliage
B000SQKZOW
Amadas Estrellas
Achillea
B000LV63RM
posted by kerkerian at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Downtempo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック