2010年03月20日

Parallels / Visionaries(2010)

さて。2010年新作の感想に戻るとします。
べっ別にストック溜めてた訳じゃないんだからね!

これまで音楽の話中心で感想を書いてきましたが、忘れちゃいけないのは当サイトは萌え原理主義ってこと。ようやくここへ来て萌えオブザイヤーの有力候補が出現。

カナダのエレポップユニットParallels。VoのHoly嬢は超絶美人とまではいかないですが典型的ブロンドお姉様的佇まいがなんとも可愛い。ルックス同様に声も少女と大人の狭間にあるような、甘過ぎないキャンディボイスが魅力。勿論エフェクトなぞ使わず生声を最大に活かした楽曲群も出色で、リズムに有機性を持たせているドラムとフューチャーポップ感を演出するKey2人のひげ面男(兄弟かってくらい似すぎ)が良い仕事しています。

Holy嬢は一方でHolly Dodson名義によるソロ活動もしているようで、こちらでは清楚さを前面に押し出したショットで萌え度倍増。音楽的にはオーガニック・ポップでLykke Liあたりを彷彿する感じ。こちらも要チェッキだ。



VisionariesVisionaries
Parallels

曲名リスト
1.Find the Fire
2.Ultralight
3.Dry Blood
4.Nightmares
5.Reservoir
6.City of Stars
7.Magnetics
8.Counterparts
9.Vienna
10.Midnight Voices
11.Shadow Hearts
12.All We'll Ever Know

iTMSで詳しく見る


Diabolic Angel
Holly Dodson
B0001ME4QS
Hide Me
The Golden Filter
B003D85E48

Something Golden
Le Corps Mince De Francoise
B002VLL1QS
タグ:canada Synth-Pop
posted by kerkerian at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック