2010年03月11日

Bitch Brigade / Dendrite(2010)

豪のElectro/IndustrialユニットBitch Brigadeのデビュー作。

タイトルやジャケからCelebitchなエレクトロクラッシュを想像しましたが、いやいや良質な作り込まれたフロアミュージックでした。Ladytron、Batteryを想起するとOficialで紹介する通り、Synth-Popのノスタルジア感をベースにトランシーな躍動性を乗せたEBMサウンド。そしてもう一つ彼らの音楽性を読み解くカギが、Myspace「影響を受けた音楽」にさり気無く張られているキティさんの主題歌。つまりガーリーさである。

なるほど、VoのAgrippa嬢はエレクトロ・ディーバ然としていて確かに妖艶なのだが同時にイノセンスな雰囲気も漂う歌声の持ち主。ピンク主体のメイクはChammy Kittyの影響なのかなと思うと微笑ましい。加えて超絶美女とくれば、これを萌えと言わずして何と言おう?

あとはEBMだけでなく内省的でインテリジェンスを感じさせる楽曲が配されているのもアルバム全体の評価を上げそう。おススメは80'sの郷愁感が全開の"Licky The Carnivorous Pony"、メランコリックなピアノによるエンディングが心揺さぶる"Tears Are What We Do Now"。



Tomorrow in a YearDendrite
Bitch Brigade
曲名リスト
1. Bubblegum Cyber
2. Bitter
3. Licky the Carnivorous Pony
4. Run
5. Sparklesome
6. We Are United
7. Tears Are What We Do Now
8. Be a Man
9. Take Me Away
1. Tears Are What We Do Now (C/A/T Remix)


iTMSで詳しく見る


Moving on
Unter Null
B0031IL64M
Double Diamond
Electrocute
B00214MA9C
Airbrushed Alibis
Hyperbubble
B000R7HUKY
posted by kerkerian at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック