2010年03月06日

Nedry / Condors(2010)

SSW・岡北有由を覚えて、、いますか?

2005年から活動の拠点を英国に移し、結成されたエレクトロニカ・ユニットがこのNedry。これまでの彼女のイメージは「Cocco的な情念系のオルタナロックを不安定に歌う人」程度のもので、好みでいうとあんまり…な方ではありました。

そこでこのNedry。電子の海に溢れた素晴らしいアルバムを作ってきた。好みでいうとどストライク過ぎでした。リズム的要素を排し、緩やかなアンビエントノイズに彩られてVoが舞う前半3曲。ここでの彼女は完全に"Ayu"であることをまず認識させられます。

そして"Squid Cat Battle"から徐々にビート感が頭をもたげ、次の"Scatterd"ではギターとダブステップによるスリリングな展開に。以降もオリエンタル感のあるエレクトロニカ、静謐なDowntempo曲で〆るという、一枚通してのシアトリカルなストーリー性は秀逸で、誕生から終息までの一大絵巻のよう。

さらに評価したいのは、この中で「歌もの」がひとつもない事。純粋にVoパートが少ないのもありますが、Ayu嬢のそれはフェイクやウィスパリングなどサウンドエフェクトの一部として機能している。一度J-POPの王道を通った人がこれをやっているのに拍手と称賛を贈りたい。そして日本の音楽メディアが彼女を忘れたのではなく、彼女の素養が極東のシーンに収まるものではなかったのだと納得しました。
タイトルの"Condors"...もう日本には戻って来んドル。そういう事なのだろうか。

ともあれ、只のレディオヘッド・フォロワーみたいな人は沢山居ますが、
Nedryのオリジナリティは紛れもない「本物」を感じさせます。



CondorsCondors
Nedry

曲名リスト
1. A42
2. Apples & Pears
3. Four Layers Of Pink
4. Squid Cat Battle
5. Scattered
6. Condors
7. Swan Ocean
8. Where The Dead Birds Go

Amazonで詳しく見る


Strange Craft
Terra Nine
B000QUCNLI
Dusk Line
Sian Alice Group
B0017V7H66
エーテル
岡北有由
B00006JORC
posted by kerkerian at 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック