2010年02月16日

Sarah Jezebel Deva / A Sign of Sublime(2010)

Gothic MetalバンドAngtoriaのVo、Sarah Jezebel Devaのソロデビュー作品。

サラ嬢は自身のバンド以外にもCradle Of FilthをはじめTherionThe KovenantMortiisGravewormなど錚々たる暗黒系アーティストへのゲスト参加で名を馳せる実力者。4オクターヴのオペラボイスと巨躯を誇ります。まあこの時点で当ブログの評価はアレってことになりますが、それに関してはMyspaceに以下のような力強い声明を出されています。
I don't want to be skinny, i don't want to conform to fit in to what people think i should be part of, i don't want to be beautiful or sexy, i just want to be me! I want to be happy! I won't change for anyone.
さて、と音楽の話をしようか。
Angtoriaはトラッド感のあるシンフォニック・メタルだったのですが、このソロ作はギターの不穏なリフを主体としたパワーメタル風味が強くなっています。いよいよルックスに見合った音楽性にシフトしてきたと言えますが、メロや楽曲構成が詰めきれていないのが垣間見えたり、mixの甘さとか、幾つか残念な点があります。声が良いだけに勿体無い。本当声だけは。



A Sign of SublimeA Sign of Sublime
Sarah Jezebel Deva

曲名リスト
1.Genesis (Intro)
2.A Sign Of Sublime
3.She Stands Like Stone
4.The Devils Opera
5.They Called Her Lady Tyranny
6.The Road To Nowhere
7.Your Woeful Chair
8.A Newborn Failure
9.Daddys Not Coming Home

Amazonで詳しく見る


God Has a Plan for Us All
Angtoria
B000F5GOLO
Dawn of the New Athens
Aesma Daeva
B000P37NDE
Grace Submerged
Octavia Sperati
B000P6R74Q
posted by kerkerian at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック