2010年01月19日

MARS / recurred(2009)

前回からアジア人Vo繋がりってわけじゃないですが、今度は日本のMARS。
CD帯コピー曰く「感動系Heavy Rock」だそうだwがしかし、中々に素晴らしい出来。

まずインディーズのラウド系にありがちなのが、グダグダなプロダクション(主に予算の都合による)ですが、MARSはバスドラ、ベース等重心がどっしり定まっているため全ての音が眼前にあるようなリアル感で迫りくる。これだけで感動2割増し。

そしてもう一つありがちなのが背伸びしちゃった感の痛いボーカル。
んが、ERi嬢は全てナチュラルトーンが基本。メロ以外のラップ的なモノローグや、OTEP的な呻きが全体の半分くらいを占めますが、良い感じに「脆さ」をさらけ出しつつも一本筋の通った凛とした佇まいは崩さない。そしてメロ部分はメロディアスでありながら決して「キャッチー」ではない。この絶妙なバランス感覚で感動3割増し。

結論としては「感動系」に偽りはないってことで、買いの一品。
系統立てするもんなのか?という疑問はさておき。



recurredrecurred
MARS

曲名リスト
1.a Sence of the sin In the Womb
2.Suffer
3.Disturbed
4.Solitude
5.From the outside
6.Invariable
7.Infliction
8.Unbalanced
9.Blind Faith
10.Moon
11.Underneath the Fate
12.The End Of Hope
13.Finale toward the Prelude

Amazonで詳しく見る


Fire Star Man
D[di:]
B0002FQMI2

0 Limited Execution
B000M5BD8Q
THE OCEAN OF DREAMS
SINCERITY GREEN
B002VIEDIY
タグ:Nu Metal Japanese
posted by kerkerian at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック