2009年12月21日

Emilie Simon / Big Machine(2009)

エミリータソは俺の嫁!

デビュー作を聴いて一発で持って行かれ、『皇帝ペンギン』のサントラで静謐エレクトロニカのセンスに脱帽し極めつけはサマソニ06、テント小屋(蒸し風呂)での一人別世界のような可憐パフォーマンスでメロメロにされて現在に至る、そんな俺と彼女の脳内交際歴なんですが、、、おノロケはこのへんで宜しいでしょうか?

前作"Vegetal"でより普遍的なポップネスへの拡散を見せたEmilie Simon嬢の4thアルバム。毎度これほど「才色兼備」の言葉が似合うSSWは居ないんじゃないか?くらいのレベルを見せつける彼女。ロリかわ小悪魔風ディーバ的容姿ながら、今作でもあらゆるエレクトロニクスの導入とクラシカルなアプローチとの融合による、エクスペリメンタルな音楽を提示しています。もはやジャンルの特定不能。

今回特に歌唱において凄まじいばかりの成長を遂げており、従来の舌っ足らずの甘いフロウに留まらず、声優ばりの表現力・演技力でもって様々な表情を見せます。曲構成もそれに呼応するように多様な展開を包含する、言うなればエレクトロ・オペラ的大作指向になりつつある印象でした。既に仏をはじめ欧州では名声を得ている彼女、愈々世界的なSSWへと上り詰めるのか。しかしどんなにビッグネームになろうとも俺と彼女の脳内Daysが色褪せることはない。もう一度言う、エミリーたんは俺の嫁!
因みにエミリー・オータムタソも俺の嫁!!



Big MachineBig Machine
Emilie Simon

曲名リスト
1.Rainbow
2.Dreamland
3.Nothing To Do With You
4.Chinatown
5.Ballad Of The Big Machine
6.The Cycle
7.Closer
8.The Devil At My Door
9.Rocket To The Moon
10.Fools Like Us
11.The Way I See You
12.This Is Your World

Amazonで詳しく見る


Emilie Simon--Fleur de Saison
Emilie Simon - Come As You Are


Briefly Shaking
Anja Garbarek
B000GFLHYW
Music Hole
Camille
B0014BKGY4
Miss Meteores
Olivia Ruiz
B001UTVNRO
posted by kerkerian at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック