2009年12月05日

Der Osnec / Justicsuss(2009)

解りにくい魅力に溢れた、カナダのElectronica/IndustrialユニットDer Osnec。
というかNina嬢がVoからサウンドコンポーズまで全て取り仕切るプロジェクト形態か。

とにかくポップな要素がひとつも無いのが特徴。だがそれがいい。
趣味の悪いジャケット。Nina嬢の男前な低音、そして低温のボーカル。とりわけサウンド的にもタイム的にも不気味な「間」が存在するのが特徴で、その隙間からボンヤリ立ちあがってくる音像にまた言いようのない不安感を煽られる。音を詰め込む傾向にある日本ではまずお目に掛かれないスタイルではないでしょうか。

彼女は自身のスタイルを「もしピーター・ガブリエルが女性で、もっと頻繁にトレント・レズナーと仕事をしていたならこんな感じになったんじゃないか的な音楽」と表現する。マニアックでカルト的な雰囲気がするのも、むべなるかなといったところか。煌びやかじゃない暗黒エレクトロを好む向きにオヌヌメ。

Justicsuss [CD on Demand]Justicsuss [CD on Demand]
Der Osnec

Album Tracks
1. Vacation
2. Population Na
3. Boring
4. Stalker
5. 500mg Tablet
6. Strength
7. Breather
8. Broken
9. Selfish

See details at Amazon


My Big Hero
12 Rounds
B000009CRT
Into the Labyrinth
Dead Can Dance
B001FZ0A7W
Silk Demise
Silk Demise
B000KP6OQY
posted by kerkerian at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック