2009年11月30日

Auradrone / Whitelite Britelite(2009)

This is a "New Garbage"!

私の心の名盤ベスト5に入るであろうGarbageの"Version2.0"を彷彿させる内容に戦慄を覚えた、USのエレクトロバンドAuradroneデビュー作。

New Waveやデジタルロックなど80〜90'sの匂いを漂わせつつ、有りがちなエレポップのようなノスタルジアに留まらずエレクトロニカやTrip-Hop、さらにはサイケデリック色も散りばめ、総体的には70's〜00'sを包括したような素晴らしいバランス配分になっている本作です。

女優/モデルとして知られるJon Mack嬢はボーカリゼーションにおいてはシャーリー・マンソンの域には未だ及びませんが、流石の表現力と存在感でバンドを牽引。何より魅力的な楽曲群が彼女を最大限に惹き立てている。とりわけ直線的なUKロック風味の8ビートからJon嬢のウィスパリングをフィーチュアしたShoegazer的展開に雪崩れ込む"Appetite"、バンド名の通り霊妙でドローンさが心地よい終盤"The Vassel"以降の流れが素敵。

この年間ベスト級作品との出会いに、最近はAuradroneばかりローテーション中。
「おーら!ドロー(ン)!!ずっとAuradroneのターン!!!」である。(死ね俺)

Whitelite BriteliteWhitelite Britelite
Auradrone

曲名リスト
1. Auto Erotic
2. Appetite
3. Dark Matter
4. Last Nerve
5. Indigo Child
6. Petit Mort
7. Channel
8. Vessel
9. Semantix
10. Just Outside

Amazonで詳しく見る


Fur and Gold
Bat for Lashes
B000RHRFUO
Version 2.0
Garbage
B000006NZV
Dummy
Portishead
B000001FI7
posted by kerkerian at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック