2009年10月31日

Worm Is Green / Glow(2009)

深秋エレクトロニカ第2弾はアイスランドの音響系、Worm Is Greenの3rdアルバム。
こちらもFever Rayに比肩する、今年のベストエレクトロニカ候補です。

アイスランド産、というのは殊に音響系界隈においては一大ブランド。今更アーティスト名を列挙するまでもなく、全くハズさないといっても過言ではないでしょう。多分に洩れずこのWorm Is Green。既に2004年の1stアルバム"Automagic"、2ndアルバム"Push Play"やコンピ盤での"Love Will Till Us Apart"カバーなどでその素晴らしいクオリティを実証済みの彼ら。

今作では従来からの持ち味である薄っすらとした8ビット・ノイズに彩られたミニマル曲に癒されながらも、人力ドラムン的な「バンド感」が時折挿入されることで楽曲に程よい緊張感とアクセントを創出している。さらに作を重ねる毎に存在感を増しているArni嬢のボーカル。ソングライティング面でも今回は100%彼女によるものとなり、よりパーソナルな内容ゆえに自然と歌による表現の比重も増したといったところか。

変わらぬ静謐と清冽に満ちた世界観を提示しつつも着実に成長を遂げるWorm Is Greenと、北欧エレクトロニカの新歌姫として名を馳せつつあるÁrni Teitur Ásgeirsson嬢。覚えておいて損はない。

GlowGlow
Worm Is Green

曲名リスト
1. Hopeful
2. The Politician
3. March On!
4. The Darkness
5. Around The Fire
6. Sunday Session
7. Glow
8. Electric Eyes
9. The Hit
10. 1998

オフィシャルで詳しく見る


Vid Og Vid
Olof Arnalds
B002SZQYZA
Finally We Are No One
Mum
B000066HH0
Murmurs
Caroline
B000E6GBW6
posted by kerkerian at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Downtempo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック