2009年09月29日

Diablo Swing Orchestra / Sing-Along Songs for the Damned & Delirious(2009)

スウェーデンのゴシック・メタルバンド2ndアルバム。
個人的に今年最も期待していた新作のひとつです。

本作は同郷の、今をトキメくIn FlamesのプロデューサーRoberto Laghiを迎えて制作された訳ですが、結論からいうと「よくも余計な事してくれたなメロデス厨のクソ野郎」ということになります。

1曲目から期待通りのスウィング、デスジャズ的空気感で幕を開けますが、まず朗々としたバリトンボイスにお茶吹いた。つーかDSOって女性の無駄に荘厳なオペラボーカルのバンドじゃなかったっけ?と思ったら合いの手程度のフィーチャリングぶり。男女Vo比が前作1:9から今作7:3くらいに逆転している。これはいけません!

ボーカルギターのDanielによるバリトン声も笑えるから悪くはないんだけどねー
System Of A Downが"Mezmarize"で急にGtのダロンがボーカルを取り出した時のことを思い出した。1人で十分だった変態Voに新たな変態が投入された衝撃。変態B(ダロン)の変声も悪くはないけど、俺は変態A(サージ)の良い声が聴きたいんだ、シャシャんなよと。

曲構成とか、サウンドプロダクション的にはDSOのエキゾチック感、誇大感が引き出されていてとても良い具合なだけに非常に残念…と多少は褒めようとしたんですが途中からなんかもう「ちょwwwなにこのバイキングメタルwwww」みたいなgdgd展開になったので、やっぱ全体的にダメ評価になりました。

以前レビューしたPure Reason Revolutionと同様、もはや『オルタナティヴ弦奏』の対象アーティストでは無くなってしまうのだろうか。そんなもの悲しさが漂う、秋の夕暮れでございます。

Sing-Along Songs for the Damned & DeliriousSing-Along Songs for the Damned & Delirious
Diablo Swing Orchestra

曲名リスト
1. Tap Dancer's Dilemma
2. Rancid Romance
3. Lucy Fears the Morning Star
4. Bedlam Sticks
5. New World Widows
6. Siberian Love Affaris
7. Vodka Inferno
8. Memoirs of a Roadkill
9. Ricerca Dell'Anima
10. Stratosphere Serenade

Amazonで詳しく見る


Embrace the Storm
Stream of Passion
B000AQBARQ
Autumntales
Lyriel
B000I8OFVE
Delusions
To-Mera
B0011GGOTI
posted by kerkerian at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック