2009年09月24日

Echoes Of Eternity / As Shadows Burn(2009)

USのGothic Metal / Power Metalバンドの2ndアルバム。

彼らの持ち味は、女性Voを擁するバンドにあってトップクラスのスピード感。あと爆乳。
メロスピと言って良いかもしれない。前作ではその前のめり感ゆえに、逆に平坦な印象もあったのですが、今回はさらに強度を増す事でバリエーションの創出に成功している模様。ハイライトは有無を言わせぬブラストで強引に押し切る6〜9曲目。特に足数が多いことで定評があるドラム。テンポに関係なく必ず3連、4連のバスドラを絡めてくる様は爽快の一言。

いっぽうギターとボーカルは相変わらずで、荒々しくシャープなマシンガンリフと、ソプラノもデスも無いフラットで伸びやかな声が適度な彩りを添える。この「適度」さはGothicを標榜するバンドとしては若干物足りない。そこら辺はやはりUS。欧州勢のメロドラマティック性を求めるのは酷というものだろうか。

それにしても爆乳。

As Shadows BurnAs Shadows Burn
Echoes of Eternity

曲名リスト
1. Ten of Swords
2. Veiled Horizon
3. Memories of Blood and Gold
4. Scarlet Embrace
5. Descent of a Blackened Soul
6. Twilight Fires
7. Buried Beneath a Thousand Dreams
8. Letalis Deus
9. Funeral in the Sky [Instrumental]

Amazonで詳しく見る


The Clouds Of North Thunder
Amberian Dawn
B001TGU6TE
Rising
Seraphim
B001TK8WJ6
Reflections
MinstreliX
B001QL366W
タグ:Power Metal US
posted by kerkerian at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック